食品素材の記事

高吸収性ケルセチンのアレルギー改善で機能性表示食品にチャレンジ

インデナジャパンではエンジュから抽出したケルセチンをフィトソーム化し吸収利用効率を上げた「ケルセフィット」の花粉症に対する臨床試験を国内で独自に行い、機能性表示食品にチャレンジする。

臨床試験ではケルセチン250mgを1日2回、30日間摂取して鼻の不快感やくしゃみが抑えられたという。また症状が抑えられよく眠れるようになることで睡眠の質向上、疲労感軽減にも繋がったという。海外では「ケルセフィット」を使った、コロナウイルスへの臨床試験が2つ終了しており、感染予防や重症化リスクを減らす効果からコロナ対策サプリへの採用が急増している。また老化細胞除去作用に対する研究も進んでおりアンチエイジング訴求での引き合いも増えているという。

10月6~8日の食品開発展では、中日の7日(木)、12:00~12:50に「高吸収性ケルセチン驚きの最新治験、アレルギー、老化細胞、COVID-19」のプレゼンテーションセミナーを行い、最新エビデンスを発表する。

【食品開発展】
日時:10月6日(水)~8日(金)
場所:東京ビッグサイト西ホール1,2&アトリウム
事前登録受付中 https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. 北欧産ベリー5種類のミックス粉末が好評
  2. 吸収性の高さが評価されているミネラル(鉄)―クエン酸第一鉄ナトリ…
  3. バイオメディカルウェルネス、β-アラニンのサンプルワークを開始
  4. タートチェリー粉末をスポーツ・ロコモだけでなく睡眠改善にも
  5. レモンバーベナ抽出物に酸化ストレス及び筋肉ダメージ軽減効果確認
  6. ニューノーマル時代へ粉末MCTを拡販
  7. DSM、ハイドロコロイド事業を強化
  8. グルコサミンで膝関節の可動性をサポート
    プロテインケミカル…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP