食品素材の記事

アンチエイジング、脳活性、脳機能回復およびストレス緩和機能を持つ乳酸菌「PS23」

ILSは、台湾の乳酸菌開発企業 BENED MEDICAL社が開発したLactobacillus paracasei「乳酸菌PS23」を、アンチエイジング、脳活性、脳機能回復およびストレス緩和に大きく寄与する乳酸菌として紹介している。PS23はヒト由来の乳酸菌で、乳酸菌の含量を3,000億個/gで規格している。

動物試験において、長期記憶に関与する脳由来神経栄養因子(BDNF)の増加、記憶と認知機能の回復、ダイナペニア(加齢に伴う筋力低下)の回復、ストレスや不安の緩和、という4つの効果が確認されている。現在はストレスに関するヒト試験が進められている。

推奨摂取量が100mg /日(300億個)と少なく、また殺菌体であるため、食品や飲料にも使いやすい。Halal認証タイプも提供可能。

すでに台湾をはじめ海外では同乳酸菌を主剤としたアンチエイジングサプリが商品化されており、日本においてもストレス緩和やアンチエイジング機能を持つ乳酸菌として提案を進めている。脳機能と筋力に対する機能も併せ持つことから高齢者向け製品にも応用できるなど、幅広い製品への展開が見込める。将来的には機能性表示食品への対応も目指す。

関連記事

  1. 蝶理、高麗人参を美肌向け素材として提案
  2. 結晶セルロース 消費者庁、グリーンコープ連合に景表法違反で措置命令
  3. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始
  4. 溶解性と味質がクリアな新イチョウ葉エキス開発
  5. アークレイ、3種のハーブを含有した抗糖化向け素材「サトナシール」…
  6. バニラの現状と顧客のニーズを汲んだ製品提案
  7. アルゴンガス、香料物質7品を新規指定へ
  8. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…

おすすめリンク先

PAGE TOP