食品素材の記事

南海化学、かに原料由来のグルコサミン塩酸塩に一本化し、事業体制強化

南海化学は、和歌山工場で手がけるグルコサミン塩酸塩の供給体制の見直しを図り、かに原料由来のグルコサミン塩酸塩に一本化する。品質維持と安定供給を遂行するために必要な措置と判断した。原材料や包材価格高騰に加え、年々上昇する物流費や人件費、工場操業に関わるエネルギーコストなど負担も大きく、併せて価格改定も実施する。

同社はかねてから、えびかに由来とかに原料由来のグルコサミン塩酸塩を市場展開しており、大口ユーザーへの手当てにも長年実績をもつ中堅グルコサミン塩酸塩メーカー。グルコサミン塩酸塩を取り巻く原料事情やユーティリティコストなど製造環境が年々悪化するなか、業務の合理化や効率化など徹底したコスト削減を行ってきたものの、現状の販売数量では安定的な供給と品質維持が困難と判断、4月1日納入分から30%以上の価格改定を行うとともに、今年半ばを目途に、えびかに由来の製品を終売することとなった。

現在、グルコサミンの販売を担う大阪ケミカル営業部では、事業体制強化を目的に新規事業として和歌山工場の受託精製加工サービスにも注力しており、食品グレードの受託を強化する意向。自社で手がける酢酸ナトリウム(無水)とともに、食品用途領域の幅を広げていく。

関連記事

  1. 機能性小麦グルテンで低糖質・高たん白のパン、生うどん作りを提案
  2. 小林香料 HMB・Caの定量分析法を一般公開へ
  3. セティ、乳酸菌の高濃度シリーズラインアップ拡充
  4. 自社栽培した冬虫夏草(サナギタケ)を活用した「東方虫草エキス顆粒…
  5. 強力な抗酸化成分「セレノネイン」を含んだ国産サバ由来の「サバペプ…
  6. たん白高配合製品に、味が良く使いやすい乳たん白製品を提案
  7. 血流改善や抗アレルギー効果が確認されている日研フードの「静岡県産…
  8. オリザ油化、シワ改善機能をもつ「フィトレチノール™」を上市

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP