関連トピックス

健康経営の推進に向けウェルビーイング部を創設―ウェルビーイングな社会を見据えて

常磐植物化学研究所は、本年10月に迎える創業74周年に向け、社員の更なる健康増進とウェルビーイングな社会を見据え、10月1日付で新たな部署「ウェルビーイング部」を設立する。併せて地域コミュニティーの場として同社佐倉ハーブ園内に健康食堂「sakuraヘルシーテラス」を開設する予定。

同社は、SDGsの達成に向け環境や社会に向けた様々な取り組みを通じ、ESG経営を推進している。特に2020年頃より社員の健康維持・増進のための健康経営に注力し、独自の取り組みとして「健康経営サプリ®」や「ラジオ体操指導員認定取得」などを実施している。

このたびは本年10月に迎える創業74周年に向け、社員の更なる健康増進と、その先のウェルビーイングな社会を見据え、10月1日付で新たな部署「ウェルビーイング部」を設立する。あわせて、本社に隣接した施設である佐倉ハーブ園の敷地内に「sakuraヘルシーテラス」を建設する予定で、地域コミュニティーの場としての利用を考えている。「sakuraヘルシーテラス」を通じて社員のための健康経営を推進していくとともに、地域社会にとっても“ウェルビーイング”が体現できる場を目指していく。

関連記事

  1. クエン酸相場暴騰、国内価格改定へ
  2. グアーガム分解物のマウスにおけるサルコペニア肥満抑制効果を発表
  3. 龍泉堂、第1回学術セミナーを開催-代替医療の話題や同社素材の紹介…
  4. 食品開発展を振り返る―出展品・技術の紹介(その3)
  5. 月100時間の業務削減をもたらす 工場現場DXとは 〜経営課題に…
  6. 太陽化学、免疫・栄養研究のため京都府立医科大学に寄付講座を開設
  7. 有名洋菓子メーカーの情報システム部長も講演
    参加無料の「…
  8. グアーガム分解物は短鎖脂肪酸産生を介して自然免疫を賦活するという…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP