関連トピックス

清水化学、ベータアラニン・サプリメントを上市

米国Natural Alternatives International(NAI)社が保有するライセンス下で供給・販売される「CarnoSyn®」ブランドの日本総代理店である清水化学は、ベータアラニンを配合した3タイプ(タブレット・分包・スティック)のサプリメントを上市した。

ベータアラニンは体内で天然に生成するペプチド(カルノシン)の構成分子で、摂取することで筋肉に直接作用し、疲労を遅らせ、体内のカルノシン合成を促進する、米国で人気の機能性素材。

NAI社のCarnoSyn®ベータアラニンは、筋肉の増強とアスリートのパフォーマンス向上、認知機能の向上等に役立つことが実証されている。体に吸収されやすいよう研究を重ね、より高い働きを狙った、最高のパフォーマンスを求めるアスリートと高齢者を中心としたQOLの向上に特化した素材で、米国FDA のNew Dietary IngredientとSelf-Affirmed GRASを取得している。

今回上市するサプリメント商品は、NAI社のCarnoSyn®ベータアラニンを配合し、利便性を高めた「ジーエムカルノシンベータアラニンタブレット」、「カルノシンベータアラニンプレミアム分包」、「カルノシンベータアラニンプレミアムスティック」の3アイテム。タブレットは、1粒あたり600mg、分包は1包に1.6g、スティックには1包(本)に1.2gのベータアラニンを配合した。タブレットは、清水化学の特許技術により摂取時の刺激を少なくする加工を施した低刺激タイプのベータアラニンを配合している。

 

※清水化学のベータアラニンに関する記事は本サイト内のこちらにもございます。
⇒ https://www.kenko-media.com/food_devlp/archives/3639

関連記事

  1. 食品・栄養・健康ビジネスのおける10キートレンド2023について…
  2. 「栄養障害の二重負荷」を解決するために―林原ライフセミナー 3月…
  3. Дарья ЯковлеваによるPixabayからの画像 キャンディを人工甘味料不使用でリニューアル。ペクチングミの開発も…
  4. 腸内細菌学会学術集会(6月)事前登録を開始
  5. 分析技術の進歩で可能になる機能性成分など微量分析技術を発表
  6. トコトリエノールやオメガ3配合製剤の血圧低下・炎症抑制の機能が明…
  7. 結晶セルロース 日本食品標準成分表2020年版(八訂)に関わる食品表示基準や分析…
  8. Roquette(ロケット)社、東京の食品技術センターを拡張

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP