バックナンバー

【3月号特集】健康食品の有用性・安全性評価をめぐって

健康食品の評価法の今後
  杏林大学 医学部総合医療学教室 助教授  信川 益明
「健康食品」の安全性問題を巡って
  (財)日本健康・栄養食品協会 理事長  林 裕造
抗ストレスの評価法
  (株)TTC 代表取締役社長  山本 哲郎


<主な内容>
●健康食品の評価法の今後
1.日本における健康食品を取り巻く環境
2.健康食品の現状と課題
3.評価の方法論
まとめ
●「健康食品」の安全性問題を巡って
1.研究と開発(1)―ガイドラインの問題―
2.研究と開発(2)―問題の解決に向けて―
3.生産―GMPについて―
4.流通―健康被害防止の観点から―
5.リスクアナリシス―リスクコミュニケーションを中心に―
まとめと補足
●抗ストレスの評価法
はじめに
1.社会再適応評価尺度(SRRS評価法)
2.ライフイベント調査票
3.職場における心理的負荷評価表
4.心理計測法
5.バイオマーカー
6.精神健康調査票(GHQ28)
7.POMS短縮版
8.ストレス状態質問紙(DSSQ短縮版)
9.ストレスと疾病
10.著者らの試験内容

関連記事

  1. 微粒子化技術と新食材の開発
  2. 【1月号特集2】DHA・EPAによる疾病予防(DHA・EPA協議…
  3. 【今月号の特集】これからの食品開発を考える
  4. 食品産業のISO認証取得の動きと審査・コンサル機関
  5. 【2017年2月号・特集】パフォーマンスニュートリション最新動向…
  6. 【2014年12月号・特集】新規甘味料の特性と利用
  7. 膜技術による新食品の創造と今後の展開
  8. 【2017年11月号・特集】フードメタボロミクスの進展

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP