未分類

【分析計測】味・におい・色&テクスチャーの測定技術


食品の味・色・におい、テクスチャーはおいしさを決める重要ファクターで、食品メーカーでは新しい味・色・におい、テクスチャーの開発のための研究が日夜続けられている。
 また最近は、製品の品質を評価する上で、これまでの官能的な評価から、もっと客観性をもたせたデータ取得の必要性が生じており、製品のポジショニング評価や品質評価のうえからの機器分析も盛んに見られるようになってきた。
 近年のデータ処理ソフトの進歩により簡便に利用でき、品質管理の場面でも使える装置が登場している。本稿では味・色・におい、テクスチャーの測定機器、食味計の開発の動向をみていく。
注目のメーカー 
インテリジェントセンサーテクノロジー
ケツト科学研究所
サン科学
静岡製機
島津製作所
プライムテック
山電

関連記事

  1. 食品産業における用水と排水の最新動向
  2. 国境を越えたリスクにどう対処するのか
  3. 【8月号】食品工場の臭気対策と雰囲気の清浄化
  4. 【品質・安全対策】Food IT ソリューションの最新動向
  5. 古くて新しい国インド
  6. 生産管理システムとトレーサビリティシステム
  7. 機能性食品開発のための知財戦略(15)
    食品用途発明の最…
  8. 【品質安全】安全性(危害物質)の受託検査サービス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP