特集

【特集】「プロテオグリカン」 市場規模350億円超に -化粧品大幅に急伸、健康食品も増加傾向続く-

プロテオグリカン(以下、PG)の市場拡大が続いている。産学官でPG市場拡大に取り組む青森県では、今年3月に文科省補助事業「地域イノベーション戦略支援プログラム」が終了。弘前大による美容・関節系の豊富なエビデンスや、従来困難だった量産化の実現、県内外企業との積極的なコラボなどが功を奏し、2012年40億円の市場規模が、2015年には260億円を突破。2016年度300億円を見込んだ市場規模は、現在も右肩上がりの成長が続いており、市場規模は350億円を突破したとみられる。成功事例「あおもりモデル」と称され、引き続き県で産学官のPG拡大を継承維持する方針。PGを関与成分とする機能性表示食品は昨年の5品目から9品目(5月末現在)に増加。昨年の米国展示会でのアワード受賞など、海外からの注目も高まり、健康食品の増加とともに、化粧品の新規採用も急伸している。

健康産業新聞1645_25_特集プロテオグリカン

青森県、産学官でPG市場拡大を推進

今年3月に開催された「丸の内・プロテオグリカンフォーラム2018」(主催・青森県)では、文科省「地域イノベーション戦略支援プログラム」の成果報告が行われた。青森県知事の三村申吾氏は「弘前大発PGの活性化は、青森県ライフ・イノベーションの中核事業。豊富な美容・関節データを背景に、今後も健康食品・化粧品素材としてブランド力を高めていきたい」と語った。

事業成果報告には、公営財団法人21あおもり産業総合支援センタープロテオグリカン産業クラスター戦略チーム(*文科省プログラム終了後は青森県に事業継承)プロジェクトディレクター・医学博士の阿部馨氏……

市場拡大続く「あおもりPG」

一般社団法人あおもりPG推進協議会では、弘前大が開発した抽出技術の応用で製造されたPG(あおもりPG)の認証制度を行い、マークを付与するなどPGブランド向上に注力。PG認証マークの条件・基準は、5 mg/日。ちなみに、9 品まで拡大した……

美容・関節系の豊富なエビデンス+体感の良さ

PGの新規採用が健康食品と化粧品ともに相次ぐ理由のひとつに、関節系・美容系を中心とするエビデンスが豊富な点がある。弘前大学による研究では、①炎症抑制作用、②炎症性腸疾患に対する効果……

ウェブでは一部を公開。記事は「健康産業新聞 1645号」に掲載しています。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・【特集】サケ由来機能性素材 プロテオグリカン、プラセンタが市場を牽引
・【特集】「美肌」-内外美容で市場活性化-
・【特集】プロテオグリカン 300億円市場へ順調拡大中
・健康・美容素材「プロテオグリカンフォーラム」に120人

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1647_02_17年度課徴金3.9億円

企業ニュース

  1. 健康産業新聞1647_話題追跡_さとの雪
  2. 健康産業新聞1647_ビジョナリーa
  3. 健康産業新聞 企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1647別冊_2018上半期総括と下半期展望
  2. 健康産業新聞1646化粧品受託製造b
  3. 健康産業新聞1646_健康食品受託製造加工調査b
PAGE TOP