行政・業界ニュース

食品免疫学会、15~16日都内で -「発酵食品と免疫」テーマに、乳酸菌やオリゴ糖等-

「第14回日本食品免疫学会学術大会」が今月15~16日、星陵会館(東京都千代田区)で開催される。

テーマは「ココロとからだを支える食品免疫学~発酵食品と免疫」。九州大学の須藤信行氏が、「脳腸相関の新しい展開:脳-腸-腸内細菌相関」と題して特別講演する。

シンポジウム「発酵食品による免疫調節作用」では、日本大学の小林良喜氏が、「発酵食品の摂取による腸管を介した口腔免疫の活性化」について発表する。

シンポジウム「運動による免疫調節作用」では、岡山大学の森田英利氏が、「コンディショニングにおける運動習慣と腸内フローラ」と題し講演する。

ポスター発表は45題を予定。乳酸菌、レスベラトロール、オリゴ糖などの発表が実施される(表)。当日参加費は会員4,000円、非会員8,000円。

健康産業新聞165502食品免疫学会

本記事は「健康産業新聞 1655号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・【特集】納豆由来・機能性素材<ナットウキナーゼ・ビタミンK2・納豆菌> -国内外で注目集まるナットウキナーゼ
・【特集】乳酸菌・ビフィズス菌・乳酸菌生産物質 -大手参入で市場さらに拡大へ 原料競争は激化-
・【特集】「機能性糖質・甘味料」 機能性表示、低GIで市場活性化飲料からスイーツまで用途拡大

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

行政・業界ニュース

企業ニュース

  1. 健康産業新聞ロゴ01
  2. 健康産業新聞ロゴ01

特集

PAGE TOP