特集

プラズマに続く機能性表示の実現は?(特集/免疫サポート)

コロナ禍が長引く中で、免疫サプリへの需要は高い。乳酸菌、ビタミン、キノコ類、プロポリスなど、様々な免疫素材の活用が進む。民間調査では、年代を問わず約8割の人が免疫に関心を持っているというデータも。機能性表示食品分野では一昨年、業界初となる「免疫機能の維持に役立つ」のヘルスクレームが実現した。昨年9月には、日本抗加齢協会が届出資料の科学的根拠に関する指針を公開。素材メーカー各社は、積極的なエビデンス研究が進めている。免疫は消費者の関心が高く、サプリ業界への期待も高い分野だけに、次なる機能性表示食品の受理が待たれる。

約8割が免疫に関心あり

長期化するコロナ禍。サプリ業界にとって“免疫”はホットなキーワードだ。本紙が昨年12月、健食受託製造企業に実施したアンケート調査(有効回答数106社)では、受注が伸びたカテゴリーとして「免疫」が40票を獲得。「ダイエット」(25票)、「快眠・リラックス」(21票)などを抑えて2位にランクインした。

免疫サプリには、乳酸菌をはじめ、ビタミン類、プロポリス、霊芝、冬虫夏草、フミン酸、キャッツクロー、濃縮乳清タンパクなど、様々な素材が利用されている。

本紙の取材では、カムカム、フコイダン、アラビノキシラン、リポポリサッカライド(LPS)、有機ゲルマニウムなどの原料メーカーが供給量を伸ばしており、「コロナ前と比べ、医家向けの採用が急増した」「腸管免疫に関する問い合わせが増えた」「海外での需要が伸びている」などの声が聞かれた。

コロナ初期は、重症化リスクを抱える高齢者の免疫ニーズが急伸したが、最近は若年層の間でも免疫への関心が高まっており…

続きは紙面で。定期購読のお申し込みはこちらから(オンラインでの閲覧も可能です!)

■「受託製造企業ガイドブック2022年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a
2017年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳しくはこちら

 

 

 

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP