ヘッドラインニュース

WHO 世界中で肥満人口急増 10億人以上が「太りすぎ」

 世界保健機関(WHO)は先頃、世界で10億人を超える人がBMI25以上の「太りすぎ」であるとの警告を発表した。BMIの上昇は心疾患、卒中、Ⅱ型糖尿病などの慢性疾患のリスク因子となることから、直ちに何らかの対策を講じなければ低中所得国を中心に重大な慢性疾患問題に発展すると注意喚起している。
 WHOの推計によると、米国・トルコ・メキシコ・エジプト・南アフリカ・マルタなどでは30歳以上の女性の75%以上が太りすぎという深刻な事態に陥っている。男性でも同様に、英国・ドイツ・アルゼンチン・ニュージーランド・ギリシアなどで太りすぎの割合が75%を超えるという。
 さらにトンガやナウルなどの太平洋諸島では、成人の10人に9人が太りすぎであるとの試算を示している。WHOでは、現在の傾向が続けば2015年までに太りすぎの世界人口は15億人に達するとした。

関連記事

  1. ハウス食品中間期、「ウコンの力」快進撃
  2. TTC、アガリチンの分析受託に着手
  3. 医療関係者の7割、患者の健食摂取で「中止促すケースも」
  4. 多次元抗酸化研究会、抗酸化能の受託分析に着手
  5. 規制改革要望に厚労省が回答 4.13事務連絡、拘束力なし 「直ち…
  6. グルコサミン、10%増で800トン突破
  7. 安全性第三者認証、来年5~6月にも開始
  8. 消費者庁発足で緊急セミナー
PAGE TOP