ヘッドラインニュース

国センの高麗人参商品テスト、業界から異論 訂正記事求める

 国民生活センターはこのほど、1月に発表した高麗人参の商品テスト結果に対する業界の意見を取りまとめた。国センは1月に、高麗人参の健康食品と医薬品の調査結果を公表。「ジンセノサイド量は銘柄によって差が大きい」「4銘柄より加工食品の残留農薬一律基準を上回る量の農薬が検出された」ことなどを発表した。→続きは『健康産業速報』第1110号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 残留農薬の新制度 健康食品にも影響大
  2. 大豆イソフラボン問題、今月中にも意見募集実施へ
  3. バイブル本事件、史輝出版・瀬川社長に懲役求刑
  4. クロレラ工業、クロレラの原料供給事業を本格化
  5. 1246号(2008年7月18日号)配信
  6. 英刑務所、サプリメントで暴力は減るか? 3年間追跡調査に着手
  7. 農水省の「ブランド・ニッポン」開発、健康食品多数
  8. 日健栄協、CoQ10販売後調査で補足文書
PAGE TOP