ヘッドラインニュース

都調査、女子校生の7%にダイエット食品使用経験

 東京都は22日、「健康づくり支援のための基礎調査報告書」をまとめた。調査は2月、都立高校174校の1年生6542人と保護者を対象に実施。生徒3208人、保護者3065人から回答を得た。ダイエットについて調べたところ、体重を減らしたいと思っているのは、男子29%に対し、女子は81%に上った。→続きは『健康産業速報』第1113号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 規制改革会議、混合診療問題で見解
  2. キューサイ、特保市場に本格参入
  3. 消費者庁、健食広告の監視強化 17年度予算案が閣議決定
  4. 新食事摂取基準、米国の概念を全面導入
  5. 「やせ」状態でさらにダイエット、思春期女性で問題に
  6. 味の素、アミノ酸原料増産へ ブラジルに新工場建設
  7. 糖尿病患者、46%が「健食ほぼ毎日摂取」
  8. 日米協議、健食を議題に
PAGE TOP