ヘッドラインニュース

都調査、女子校生の7%にダイエット食品使用経験

 東京都は22日、「健康づくり支援のための基礎調査報告書」をまとめた。調査は2月、都立高校174校の1年生6542人と保護者を対象に実施。生徒3208人、保護者3065人から回答を得た。ダイエットについて調べたところ、体重を減らしたいと思っているのは、男子29%に対し、女子は81%に上った。→続きは『健康産業速報』第1113号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 西洋ハーブ、OTC化に道 欧州医薬品、日本進出も 健食市…
  2. ポジティブリスト制度、「家庭菜園からの農薬飛散にも注意」
  3. 都、4~5月に健食製造業の立入調査
  4. 16年レジャー市場2%減「フィットネス」2.1%増の4480億円…
  5. 通販協調査、健食含む「食料品」売上高6%増
  6. 日清ファルマ、胃炎予防の機能性食品開発に着手
  7. リコム、キノコキトサンで「食事制限なしにダイエット可能」
  8. 厚労省 介護保険、予防重視に転換
PAGE TOP