ヘッドラインニュース

健食悪用のマルチ商法、九州等で相次ぐ 「がんが消えた」と標榜

 「がんが消えた」などと標榜して健康食品のマルチ商法を行うケースが、先月初旬ごろから九州・沖縄地方で問題化していることがわかった。→続きは『健康産業速報』第1211号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. エビ・カニのアレルギー表示、猶予期間は約2年
  2. 公取委 20年度に体制強化 一挙65人の増員要求 健食不当表示に…
  3. キダチアロエに抗がん作用
  4. HPMC、年度内にも規制緩和か
  5. 旭電化工業、新本社ビルが完成
  6. 日清食品、「ふなずし」由来乳酸菌でコレステロール低減
  7. 機能性表示で特許戦争へ 「用途特許」で出願の動き
  8. 栄養・食糧学会、5月2日から クロレラの機能性など発表 新規素材…
PAGE TOP