ヘッドラインニュース

健食悪用のマルチ商法、九州等で相次ぐ 「がんが消えた」と標榜

 「がんが消えた」などと標榜して健康食品のマルチ商法を行うケースが、先月初旬ごろから九州・沖縄地方で問題化していることがわかった。→続きは『健康産業速報』第1211号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 出生数また減少 110万人で過去最低
  2. 食品開発展、10月13~15日に開催
  3. 中国製ニセ薬で健康被害拡大 都内で死亡事例も
  4. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
  5. 大豆イソフラボンの上限値問題、結論は来年に持ち越し
  6. 16年度家計調査 健食支出、2年連続2桁増
  7. 厚労省など、健食被害防止で啓発冊子
  8. 農水省、機能性成分の保証システムで公募
PAGE TOP