ヘッドラインニュース

健食悪用のマルチ商法、九州等で相次ぐ 「がんが消えた」と標榜

 「がんが消えた」などと標榜して健康食品のマルチ商法を行うケースが、先月初旬ごろから九州・沖縄地方で問題化していることがわかった。→続きは『健康産業速報』第1211号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 大阪商工会議所、機能性表示制度で建議 生鮮食品の独自基準要望
  2. 日本ケフィア、産学連携で「免疫機能改善食品」開発へ
  3. サラシアの会、サラシノールの定量に新手法導入
  4. 健康博覧会、あす16日開幕
  5. 厚労省・増田氏、健食安全性などで法制度改正も視野 CRN勉強会で…
  6. 厚労省・予算概算要求 健食対策で新規事業
  7. 厚労省、成分表示方法で通知 区分記載を周知徹底
  8. 食事バランスガイド、「健食に頼らないで」
PAGE TOP