ヘッドラインニュース

健食悪用のマルチ商法、九州等で相次ぐ 「がんが消えた」と標榜

 「がんが消えた」などと標榜して健康食品のマルチ商法を行うケースが、先月初旬ごろから九州・沖縄地方で問題化していることがわかった。→続きは『健康産業速報』第1211号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 出生数また減少 110万人で過去最低
  2. 協和発酵中間期、「リメイク」の売上拡大
  3. 明治製菓、「健食事業で売上500億円目指す」
  4. 米IFT、「低GI値素材」が台頭
  5. 厚労省の健食安全性検討会、業界団体の意見陳述を公募
  6. 世界初、センサー内蔵の錠剤をFDAが承認 大塚製薬の抗精神病薬
  7. 18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ
  8. ロート製薬、目黒化工を子会社化へ
PAGE TOP