ヘッドラインニュース

厚労省 20年予算概算要求 健食安全性確保に6100万円 素材のモニタリング調査も

 厚生労働省は28日にまとめた平成20年度の予算概算要求に、「健康食品の安全性確保」の推進費用として6100万円を盛り込んだ。「『健康食品』の安全性確保に関する検討会」が今年度中に取りまとめる結論を踏まえて、来年度から安全性確保のための具体的な対応に乗り出す。→続きは『健康産業速報』第1157号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 福井県が来月講演会、「長寿の秘訣」を伝授
  2. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
  3. カプスゲル・ジャパン、魚由来ゼラチンハードカプセルを発売
  4. 宝ホールディングス、機能性食品事業を再編 新会社を設立
  5. 日健栄協、安全性第三者認証で作業部会
  6. ラクトフェリンフォーラム、4・13事務連絡取り上げ12日に講演会…
  7. 特保一挙14品、計581品目に 規格基準型も誕生
  8. 自民党、改正特商法案「勧誘の意思確認」を努力規定に
PAGE TOP