ヘッドラインニュース

沖縄県、平成23年度に健食売上高542億円目指す

 沖縄県はこのほど、「沖縄振興計画後期に向けた基本的な考え方」の骨子案をまとめた。沖縄振興計画の折り返し年を迎え、前期を総括するとともに、後期において重点的に取り組む具体的施策を盛り込んだ。振興策の成果としては、健康食品の出荷額が好調に推移していることを指摘。健康食品関連の売上高は、平成13年の127億円から、平成17年は182億円まで拡大した。→続きは『健康産業速報』第1083号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 機能性表示、「届出」ガイドラインの概要明らかに
  2. JIHFS、9製品にGMPマーク使用許可(1/20)
  3. アガリクス臨床試験、国際協力も視野 厚労省研究班
  4. 千葉県警、健康セミナー開催の健食企業社長らを逮捕
  5. JIHFS、原材料GMP第1号に甲陽ケミカル
  6. RJ公取協、ポジティブリスト制で対応策
  7. 岐阜県、新事業育成プロジェクト 健康ビジネスも対象
  8. 厚労省、食薬区分を改正 「EGF」等
PAGE TOP