ヘッドラインニュース

沖縄県、平成23年度に健食売上高542億円目指す

 沖縄県はこのほど、「沖縄振興計画後期に向けた基本的な考え方」の骨子案をまとめた。沖縄振興計画の折り返し年を迎え、前期を総括するとともに、後期において重点的に取り組む具体的施策を盛り込んだ。振興策の成果としては、健康食品の出荷額が好調に推移していることを指摘。健康食品関連の売上高は、平成13年の127億円から、平成17年は182億円まで拡大した。→続きは『健康産業速報』第1083号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ラクトフェリンで大腸がん予防、臨床試験で確認
  2. ケンコーコム、アイスタイルとアフィリエイトパートナーシップ締結
  3. 日米協議 米政府、健食規制緩和を要求 特保制度の見直しも
  4. 日本ランチェスター、モズク事業で沖縄県・津堅島と提携
  5. 日健栄協、賀詞交歓会に400人
  6. NNFA−J 新体制スタート
  7. 宝ホールディングス、機能性食品事業を再編 新会社を設立
  8. 国センに新組織、健食のトラブルなど裁判外紛争を解決
PAGE TOP