ヘッドラインニュース

沖縄県、平成23年度に健食売上高542億円目指す

 沖縄県はこのほど、「沖縄振興計画後期に向けた基本的な考え方」の骨子案をまとめた。沖縄振興計画の折り返し年を迎え、前期を総括するとともに、後期において重点的に取り組む具体的施策を盛り込んだ。振興策の成果としては、健康食品の出荷額が好調に推移していることを指摘。健康食品関連の売上高は、平成13年の127億円から、平成17年は182億円まで拡大した。→続きは『健康産業速報』第1083号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ロート製薬、ファーマフーズと提携
  2. 医師会から見た健康食品とは? 丹羽氏が指摘
  3. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
  4. 食品安全委、大豆イソフラボンの上限値で合意
  5. 07年上半期 健食受託市況 3割が経営状況悪化 後半は「良くなる…
  6. 家計調査7月 健食支出増加
  7. ローヤルゼリー市場規模 3%増の520億円に 輸入量、800トン…
  8. 厚労省 「規格基準型特保」第一弾決定
PAGE TOP