ヘッドラインニュース

栄養成分表示検討会が初会合

【健康産業速報1489号トップニュース】消費者庁の「栄養成分表示検討会」は20日、初会合を開き、栄養成分表示の義務化に向けた検討に着手した。健康に対する消費者意識の高まりを受けて、表示の義務化を前提に議論する。ただし・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆日健栄協、安全性第三者認証で初認証
◆消費者庁、6~8月の健食表示ネット監視結果 「すべて改善」
◆消費者庁、抗がん効果標ぼうの健食企業に業務停止命令
◆中国製ニセ薬から初の医薬品成分
◆AFC-HDアムスライフ、新工場にソフトカプセルライン等導入
他ニュース多数!

関連記事

  1. イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 …
  2. 都、改正景表法の運用本格化 「活水器」の根拠資料要求
  3. 東京都試買調査 不適正表示に改善指導 「機能性表示」で1品に不備…
  4. 農水省、機能性食品で新需要創造 5課題を採択
  5. 抗酸化食品の適正摂取、男性の寿命も女性並みに?
  6. アガリクス協議会、安全性対応コールセンターを設置
  7. 「抗加齢ドック」が誕生 老化度を検査
  8. 新開発食品保健対策室、来年度予算は健食安全性重視型
PAGE TOP