ヘッドラインニュース

食品安全委 ビタミン類のリスク評価

 食品安全委員会は、ビタミン類の食品健康影響評価に向けた検討に着手する。食品安全委では、サプリメントが非常に多く利用されていることや、海外でビタミンCの長期大量摂取による胃腸への影響が報告されていることなどを問題視。7日に開催した会合で、ビタミン類の過剰摂取等について評価する方向で検討を開始した。

関連記事

  1. 食品開発展レポート
  2. 日本クリニック、脂肪対応ドリンクで特保市場に参入
  3. ランセット、骨維持サプリの最良処方は「Ca1200mg+VD80…
  4. がんセンター・津金氏 食品成分の評価法を紹介 がん予防効果、疫学…
  5. アガリクス・ブラゼイ協議会発足、会員に安全性データ取得義務付け
  6. 農水省、食品の疾病予防効果解明へ
  7. 消費者情報ダイヤル、健食関連が約50件
  8. 健康コーポレーション、アンビシャスに上場へ
PAGE TOP