ヘッドラインニュース

食品安全委 ビタミン類のリスク評価

 食品安全委員会は、ビタミン類の食品健康影響評価に向けた検討に着手する。食品安全委では、サプリメントが非常に多く利用されていることや、海外でビタミンCの長期大量摂取による胃腸への影響が報告されていることなどを問題視。7日に開催した会合で、ビタミン類の過剰摂取等について評価する方向で検討を開始した。

関連記事

  1. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
  2. 6月の健食通販売上高3.9%増
  3. ブラックコホシュの活性成分、85年間不変
  4. IFT、14日までニューオリンズで 「ダイジェスティブヘルス」台…
  5. 静岡県、中国製ニセ薬を発見
  6. 本社調査、4割強が「健食業界、勝ち負けの二極化進む」と回答
  7. 日健栄協・林理事長 有用な健康食品の「5条件」 エビデンスを重要…
  8. 新宿区医師会 統合医療検討委を設置(1/20)
PAGE TOP