ヘッドラインニュース

食品安全委 ビタミン類のリスク評価

 食品安全委員会は、ビタミン類の食品健康影響評価に向けた検討に着手する。食品安全委では、サプリメントが非常に多く利用されていることや、海外でビタミンCの長期大量摂取による胃腸への影響が報告されていることなどを問題視。7日に開催した会合で、ビタミン類の過剰摂取等について評価する方向で検討を開始した。

関連記事

  1. 機能性表示、対応企業44%に 増収企業は約7割
  2. 日本弁護士連合会 全国で「健食被害110番」 法改正の提言も視野…
  3. 長野県、女性の4割が健食を利用
  4. 東洋発酵、メタボリック症候群対応素材を上市
  5. リポ酸研究会が今秋発足、主要原料メーカーがスクラム
  6. 公取委、マイナスイオン健康米に警告
  7. クランベリーがアトピー性皮膚炎に有効
  8. 米CRN、サプリメントで初の横断的キャンペーン
PAGE TOP