ヘッドラインニュース

食品開発展、来場者4万人超 機能性表示で商談活発


次回は規模拡大 新展示「FiT」も

機能性食品素材と食品製造にかかわる機器などが一堂に集う「食品開発展2016」が5~7日に開催され、前回比1.5%増となる4万397人が来場した。海外企業100社を含む約600社が出展、開催規模は約850小間となった。


出展企業からは、「一般食、医薬大手の訪問が多かった」「台湾から団体がブース・・・

(詳しくは10月12日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)



【申込受付開始】10月下旬刊行 「受託製造企業ガイドブック2017年版」
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。

関連記事

  1. 農水省、食品の疾病予防効果解明へ
  2. エグゼクティブ会議 業界横断講演会に約400人
  3. 米IFT、17日~19日シカゴで 流行はグルテンフリー、植物タン…
  4. 健康博覧会、あす16日開幕
  5. カネカ、米CoQ10製造設備が来夏完成予定
  6. 乳がん患者が利用する健食、プロポリスがトップ
  7. 民主・前田議員が強調、「健食新法つくる」
  8. 熊本地震、物流面で影響も 各社復旧に向け準備
PAGE TOP