ヘッドラインニュース

カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査

 果樹研究所は7日、カロテノイドを豊富に含むミカンや緑黄色野菜の摂取が、動脈硬化や肝機能障害を予防することを示す調査結果を発表した。果物や野菜に含まれる6種のカロテノイド(リコペン、α−カロテン、β−カロテン、β−クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン)が健康に及ぼす影響を調べた。

関連記事

  1. 健康博覧会 セミナープログラム決定
  2. 新特保制度、まもなく公布
  3. 農水省、来年度の研究助成事業固まる 健食研究も対象
  4. 日本テレビ、ダイエット食品に「太る可能性あり」
  5. RJ輸入量が4割増
  6. 日健栄協、GMPの製品表示で承認第1号
  7. 日清ファルマ、胃炎予防の機能性食品開発に着手
  8. 消費者庁、「ネット取引連絡会」立ち上げ
PAGE TOP