ヘッドラインニュース

カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査

 果樹研究所は7日、カロテノイドを豊富に含むミカンや緑黄色野菜の摂取が、動脈硬化や肝機能障害を予防することを示す調査結果を発表した。果物や野菜に含まれる6種のカロテノイド(リコペン、α−カロテン、β−カロテン、β−クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン)が健康に及ぼす影響を調べた。

関連記事

  1. JRJ製薬、CVSルートでの王乳ドリンク販売に着手
  2. 消費者庁、健食表示検討会がスタート
  3. 食品安全委 ビタミン類のリスク評価
  4. 厚労省研究班、特別用途食品制度の見直し案示す
  5. 食品開発展が開幕
  6. シクロケム、CoQ10の安定性高める技術を開発
  7. チャオ債権者説明会、グループ3社合併も
  8. 特保の候補続々、「尿酸値が高めの方に」
PAGE TOP