ヘッドラインニュース

カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査

 果樹研究所は7日、カロテノイドを豊富に含むミカンや緑黄色野菜の摂取が、動脈硬化や肝機能障害を予防することを示す調査結果を発表した。果物や野菜に含まれる6種のカロテノイド(リコペン、α−カロテン、β−カロテン、β−クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン)が健康に及ぼす影響を調べた。

関連記事

  1. エグゼ会議・福岡、サプリ法制定9割が「望む」
  2. 癌学会が開幕、クルクミンなど機能性素材で新知見続々
  3. 厚労科学研究 特保の新利用法を提示 併用で有効性高まる 抗動脈硬…
  4. 主要国、表示規制を一本化
  5. マカ市場、100億円超に 一般食品への利用進む
  6. 薬健研勉強会、抗酸化サプリの有効利用法紹介
  7. 表示政策、政党間に温度差
  8. 特保利用者、6割以上に 大妻女子大・池上氏ら調査
PAGE TOP