ヘッドラインニュース

カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査

 果樹研究所は7日、カロテノイドを豊富に含むミカンや緑黄色野菜の摂取が、動脈硬化や肝機能障害を予防することを示す調査結果を発表した。果物や野菜に含まれる6種のカロテノイド(リコペン、α−カロテン、β−カロテン、β−クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン)が健康に及ぼす影響を調べた。

関連記事

  1. 08年度コラーゲン販売量、1割増の4793トン
  2. 東海漬物、健食市場に本格参入
  3. 家計調査10月 健食支出、今年最高額に 3ヵ月連続で前年上回る
  4. 日本新薬、健食通販事業に参入
  5. 機能性表示食品、健食の「危害」報告
  6. 血液検査商法、医師法逃れの新手法
  7. 経産省、ネットオークションでガイドライン 健食事業者も対象
  8. 厚労省、新開発食品保健対策室に「安全対策専門官」を設置
PAGE TOP