ヘッドラインニュース

カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査

 果樹研究所は7日、カロテノイドを豊富に含むミカンや緑黄色野菜の摂取が、動脈硬化や肝機能障害を予防することを示す調査結果を発表した。果物や野菜に含まれる6種のカロテノイド(リコペン、α−カロテン、β−カロテン、β−クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン)が健康に及ぼす影響を調べた。

関連記事

  1. 国セン調査、健食の危害情報が減少
  2. ビタミンC、「数回に分けた摂取が効果的」 ファンケル調査
  3. 新日本製薬、特保市場に参入 整腸対応で
  4. ナチュラルローソン、「ファイバーデトックス」コーナーを設置
  5. ゲン・コーポレーション、歯垢抑制素材を開発
  6. 人間ドック、異常最多は「高コレステロール」 「肥満」3割超に
  7. 厚労科学研究 特保の新利用法を提示 併用で有効性高まる 抗動脈硬…
  8. 新開発食品保健対策室の新室長に玉川氏
PAGE TOP