ヘッドラインニュース

カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査

 果樹研究所は7日、カロテノイドを豊富に含むミカンや緑黄色野菜の摂取が、動脈硬化や肝機能障害を予防することを示す調査結果を発表した。果物や野菜に含まれる6種のカロテノイド(リコペン、α−カロテン、β−カロテン、β−クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン)が健康に及ぼす影響を調べた。

関連記事

  1. 健食安全性ガイドライン、業界統一案は今月末
  2. 「農業力」議連が設立準備会 テーマに「機能性食品への活用」
  3. 内科学会など8学会 内臓脂肪症候群の診断基準を発表
  4. 安全性第三者認証、来年5~6月にも開始
  5. 総医研、疲労プロジェクト契約企業が「抗疲労特保」を申請
  6. フィットネスクラブ市場3858億円、サプリも寄与
  7. 食品安全委 リスク評価候補に健食3素材 プエラリア、ニノ、メシマ…
  8. 食品産業センター、12月に食品表示セミナー
PAGE TOP