ヘッドラインニュース

原料原産地表示の義務化 消費者の「誤認防止」重視


明確な表示求める

消費者庁と農林水産省は21日、「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」の取りまとめに向けた検討状況について記者説明会を行い、原料原産地表示の義務化にあたり、消費者の誤認防止を重視する姿勢に言及した。


検討会がまとめた案では、すべての加工食品を対象に、重量割合が1位の原料・・・

(詳しくは10月25日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)



【11月30日締切】「受託製造企業ガイドブック
2017年版」

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡
先がこの一冊に。


関連記事

  1. 健食懇、新会長に明治乳業・桑田氏
  2. トヨタ、ユビキノンで特許出願 CoQ10市場参入は「ノーコメント…
  3. CoQ10問題決着へ 「上限量、設定は困難」 意見募集実施も評価…
  4. 中国新時代集団、日本健食市場進出へ
  5. リケン社長に石原二郎氏
  6. 経産省、健康サービス産業創出で委託事業公募スタート
  7. ファイン、アスタキサンチン健食など3品投入
  8. ローヤルゼリー市場規模 3%増の520億円に 輸入量、800トン…
PAGE TOP