ヘッドラインニュース

大阪商工会議所、機能性表示制度で建議 生鮮食品の独自基準要望

大阪商工会議所は、生鮮食品の機能性表示食品制度活用および植物工場の普及促進に関する要望を取りまとめ、消費者庁、農林水産省、経済産業省に建議した。機能性表示食品では、生鮮食品の独自基準設定を求め、「抗酸化力」といった表示や「規格基準型」の採用で研究レビューを不要とすることなどを提案している。建議は15日付。大阪大学大学院教授の森下竜一氏を座長とする「機能性農林水産物の表示基準等に関する研究会」が要望事項を取りまとめた。機能性表示食品の届出数が拡大する中、制度を活用しにくい生鮮食品の受理は数件にとどまることを指摘。加工食品とは異なる生鮮食品独自の基準設定を求めた。具体的には・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 抗酸化食品の適正摂取、男性の寿命も女性並みに?
  2. ゼリア新薬、特保市場に参入
  3. 1243号(2008年7月8日号)配信
  4. 癌学会、来月3日から横浜で 健食素材の研究発表相次ぐ プロポリス…
  5. サメ肝油健食から耐容量超えるダイオキシン
  6. 改正特商法を閣議決定、メール広告など規制
  7. 熊本地震、物流面で影響も 各社復旧に向け準備
  8. 東京都、不適正取引の取締強化
PAGE TOP