ヘッドラインニュース

大阪商工会議所、機能性表示制度で建議 生鮮食品の独自基準要望

大阪商工会議所は、生鮮食品の機能性表示食品制度活用および植物工場の普及促進に関する要望を取りまとめ、消費者庁、農林水産省、経済産業省に建議した。機能性表示食品では、生鮮食品の独自基準設定を求め、「抗酸化力」といった表示や「規格基準型」の採用で研究レビューを不要とすることなどを提案している。建議は15日付。大阪大学大学院教授の森下竜一氏を座長とする「機能性農林水産物の表示基準等に関する研究会」が要望事項を取りまとめた。機能性表示食品の届出数が拡大する中、制度を活用しにくい生鮮食品の受理は数件にとどまることを指摘。加工食品とは異なる生鮮食品独自の基準設定を求めた。具体的には・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願
  2. 06年青汁市場規模、横ばいの620億円
  3. 経産省・農水省 機能性食品等の開発支援 新法案を今国会へ提出
  4. 米、抗酸化サプリの有用性議論で火花
  5. 日本ゼラチン工業組合、コラーゲンペプチド規格を制定
  6. 「食とメタボ」シンポに230人
  7. 福井県が来月講演会、「長寿の秘訣」を伝授
  8. アガリクス協議会、13日に第1回総会
PAGE TOP