ヘッドラインニュース

国立栄研・渡邊理事長が講演 食品開発展で

 大豆イソフラボンの摂取が乳がん予防に有効――。国立健康・栄養研究所理事長の渡邊昌氏は10月5日、食品開発展の記念セミナーで登壇し、「フードファクターによる疾病予防と今後の機能性食品研究の方向」と題して講演した。  同氏は、米国やフィンランドに比べ、ホルモンと関連の深いがんが日本人に少ないのは、大豆イソフラボンが関与していることに言及。マウス実験で大豆胚芽由来イソフラボンによる乳がんの予防効果を調べた結果を紹介した。

関連記事

  1. ヒマラヤ原産植物「ムクナ」に強壮作用
  2. SR検証でプロジェクト始動 学識者が適正性を評価
  3. NIH、ビタミンEの大規模追跡調査結果を発表
  4. 第5次食薬区分 改正時期は「未定」
  5. バイアスラボラトリーズ、「BOWS」大幅リニューアル
  6. 住商食品・カネボウフーズ、機能性ガムOEM事業開始
  7. 一丸ファルコス、植物セラミドで健食市場に本格参入
  8. ケンコーコム、アイスタイルとアフィリエイトパートナーシップ締結
PAGE TOP