ヘッドラインニュース

国立栄研・渡邊理事長が講演 食品開発展で

 大豆イソフラボンの摂取が乳がん予防に有効――。国立健康・栄養研究所理事長の渡邊昌氏は10月5日、食品開発展の記念セミナーで登壇し、「フードファクターによる疾病予防と今後の機能性食品研究の方向」と題して講演した。  同氏は、米国やフィンランドに比べ、ホルモンと関連の深いがんが日本人に少ないのは、大豆イソフラボンが関与していることに言及。マウス実験で大豆胚芽由来イソフラボンによる乳がんの予防効果を調べた結果を紹介した。

関連記事

  1. 1235号(2008年6月10日号)配信
  2. 錠剤・カプセル「届出制」提言
  3. サプリ支出横ばい 0.5%減 家計調査17年上半期
  4. 香川県で免疫機能性食品の研究開発スタート
  5. 本草製薬、ISETAN新宿店に進出 サプリブランド立ち上げ
  6. 1248号(2008年7月25日号)配信
  7. 関節や肌、「特保の対象範囲」
  8. 東洋新薬、大正製薬と健食等開発の合弁会社
PAGE TOP