ヘッドラインニュース

厚労省 残留農薬規制を説明 違反2回で輸入貨物留置

 厚生労働省と農林水産省は共同で13日、輸入食品の安全確保に関する意見交換会をさいたま新都心合同庁舎で開催、食品安全行政、空港検疫所、食品輸入に携わる企業、消費者団体などから135人が参加した。
 成田空港検疫所食品監視課長の橋端直樹氏は、成田空港検疫所で行われる輸入相談や食品検査の業務状況を紹介。事前輸入相談については、健康食品に関する内容が最も多いとし、年間1,000件以上寄せられる問い合わせのうち3割近く(27%)を占めることを明らかにした。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 協和発酵、L-チロシンの工業的製法を確立
  2. ファーマフーズ、卵白ペプチドの全国展開スタート
  3. 知財高裁の判例検討 パラメータ特許「試験設計慎重に」 本紙主催セ…
  4. 新春特別企画 健康食品2006年ヒット予測
  5. 規制改革要望、特保検査業務の都道府県への委譲求める
  6. 厚労省・輸入食品監視指導計画、健食も対象
  7. 09年度通販市場規模、4%増の4.3兆円
  8. 健康博覧会、来週22日開幕 560社・930小間で過去最大
PAGE TOP