ヘッドラインニュース

厚労省 残留農薬規制を説明 違反2回で輸入貨物留置

 厚生労働省と農林水産省は共同で13日、輸入食品の安全確保に関する意見交換会をさいたま新都心合同庁舎で開催、食品安全行政、空港検疫所、食品輸入に携わる企業、消費者団体などから135人が参加した。
 成田空港検疫所食品監視課長の橋端直樹氏は、成田空港検疫所で行われる輸入相談や食品検査の業務状況を紹介。事前輸入相談については、健康食品に関する内容が最も多いとし、年間1,000件以上寄せられる問い合わせのうち3割近く(27%)を占めることを明らかにした。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 坂元醸造、黒酢の抗糖尿作用確認
  2. 食品開発展がいよいよ開幕、期待の新商材がめじろ押し
  3. 薬健研シンポ、健食の国際動向
  4. 民主党、「健康食品法」の立法化検討
  5. 東京都薬剤師会 健食データベース作成へ
  6. RJ公取協が20周年式典、130人が参加
  7. 【号外】消費者庁 健食表示検討会が終了  「取り締まり指針」作成…
  8. 組み換え植物から健食原料、事業化へ
PAGE TOP