ヘッドラインニュース

健食等の「定期購入」トラブル増 国センが再度注意喚起

国民生活センターは16日、健康食品等の通販でお試しのつもりが定期購入になるトラブル相談が収まらないことから、消費者に再度の注意喚起を行った。また事業者に改善を求めるとともに、消費者庁に対し、法違反行為への厳正な執行を要望した。

16年度の定期購入トラブルは1万4314件で、11年度の27.5倍に激増。国センでは昨年6月に注意喚起を行っているが、今年度に入っても収まる気配がなく、4~10月の相談件数は7814件で、前年同期比1.9%増となっている。このうち健康食品は4602件で、ダイエット系、バストアップ系、筋力増強系のサプリメントが用いられている。

 

 

関連記事

  1. 農水省、ナノ化懸濁液を開発へ 栄養補助食品への利用に期待
  2. 広島県警、薬事法違反容疑で健食業者を逮捕
  3. 厚労省、α-リポ酸の化粧品利用を許可
  4. 血糖値対応の健食市場、550億円に
  5. 島根県農業技術センター、ギャバ3倍になる発芽玄米の新製造法開発
  6. 三井物産、米サプリメント市場へ参入
  7. 都、催眠商法で集中処分  一挙6社に業務停止命令
  8. 健食関連出版社の家宅捜索問題、業界に波紋
PAGE TOP