ヘッドラインニュース

健食等の「定期購入」トラブル増 国センが再度注意喚起

国民生活センターは16日、健康食品等の通販でお試しのつもりが定期購入になるトラブル相談が収まらないことから、消費者に再度の注意喚起を行った。また事業者に改善を求めるとともに、消費者庁に対し、法違反行為への厳正な執行を要望した。

16年度の定期購入トラブルは1万4314件で、11年度の27.5倍に激増。国センでは昨年6月に注意喚起を行っているが、今年度に入っても収まる気配がなく、4~10月の相談件数は7814件で、前年同期比1.9%増となっている。このうち健康食品は4602件で、ダイエット系、バストアップ系、筋力増強系のサプリメントが用いられている。

 

 

関連記事

  1. ビタミンC、「数回に分けた摂取が効果的」 ファンケル調査
  2. 中国FDA担当官が来日 「CoQ10、効能表示可能」
  3. エグゼクティブ会議・福岡 全国から190人超が参加 サプリ法制定…
  4. アンチエイジング実践派、女性の3人に1人 「CoQ10等摂取」
  5. FDA大豆たんぱく質のヘルスクレーム取り消しへ
  6. 厚労省 健食新制度の説明会 特許表示で注意喚起
  7. 予算概算要求 機能性表示研究に8300万円
  8. 日健栄協、賀詞交歓会に430人
PAGE TOP