ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  2. ケンコーコム、通期業績予想を下方修正
  3. 三菱ガス化学と日清ファルマ、CoQ10で合弁事業
  4. 厚労省研究班 アガリクスの臨床試験開始 安全性・有効性を検証 結…
  5. 日健栄協、CoQ10上限値「当分の間設定しない」
  6. 1245号(2008年7月15日号)配信
  7. 「機能性表示」課題検討会 「糖質・糖類」追加へ、議論前進
  8. 米CRN、サプリメントで初の横断的キャンペーン
PAGE TOP