ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. 岩手県、特商法違反等で健食業者を行政処分
  2. 東京都 「メタボ」等外来語に規制の網 薬事法違反のケースも 10…
  3. 研究レビュー検証で報告書 「質」を評価 「SR」51編対象、改善…
  4. TTC・今村氏、「美肌食品の特保は可能」 CoQ10等有力
  5. 国セン・宗林氏、健食表示制度の見直しを提言
  6. 厚労省 20年予算概算要求 健食安全性確保に6100万円 素材の…
  7. 健食の安全性第三者認証、年度内に協議会設立へ
  8. 特保、総数800品目突破
PAGE TOP