ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. NNFA-J、食薬区分改正で説明会開催要求
  2. 自民党が最終報告、食品安全委を「消費者庁」へ移管
  3. 大阪でメタボ対策のトライアル事業がスタート  特保も活用
  4. アイロムとLTTバイオが業務提携、抗加齢クリニック展開
  5. 疫学会、「コーヒーで肝がんリスク低下」
  6. 健食企業、中国進出の動き加速
  7. 中国地方の健食市場 2割増の800億円に 自然食品が牽引
  8. 日健栄協、CoQ10販売後調査で補足文書
PAGE TOP