ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. 抗疲労特保、今月にも申請へ
  2. 国セン・宗林氏、健食表示制度の見直しを提言
  3. 米サプリ成分指針、2割の企業が「対応不可」 中小撤退の懸念も
  4. 理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見
  5. フジカ、サプリメント事業に着手
  6. 04年健食市場規模
  7. タイセイ、ケンコーコムと提携
  8. 自民党・花粉症議連、健食含む民間療法の有効策を行政に要請
PAGE TOP