ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. 「あるある」後継番組、順調な滑り出し
  2. 日健栄協、CoQ10上限値「当分の間設定しない」
  3. CoQ10問題決着へ 「上限量、設定は困難」 意見募集実施も評価…
  4. 食品開発展が開幕、「ロコモ」対応が増加
  5. 厚労省、成分表示方法で通知 区分記載を周知徹底
  6. 通販協調査、健食含む「食料品」売上高6%増と好調
  7. 神奈川県、健食試買調査でニセ薬発見 国内初の成分検出
  8. サントリー、「黒烏龍茶」類似品めぐり2社を提訴
PAGE TOP