未分類

【2月号】緑茶素材と健康茶の市場動向

tea.jpg

 緑茶の持つ機能性研究は様々に進められ、抗酸化作用、虫歯予防、抗菌、消臭、抗肥満、血中コレステロール上昇抑制などの機能が解明されている。緑茶の健康性はイメージだけでなく、エビデンスの確かな素材として受け入れられている。
 抹茶の加工食品への利用は拡がり、茶葉本来の色を生かした緑茶素材の開発も加わって、加工食品市場では今後さらに利用が進むと思われる。また、昔から親しまれている健康茶は各素材の持つ特徴的な味や機能が受け入れられ、ブレンド茶やハーブティーは好調でPET製品の上市など活気づいている。

 本稿では、緑茶素材や健康茶の動向を探りながら、各素材について紹介していく。


<主な茶関連素材取り扱い企業>

【緑茶抽出物】

太陽化学

常磐植物化学研究所

日本葉緑素

三菱化学フーズ

【粉末茶】

佐藤食品工業

【抹茶】

葵製茶

木長園

松鶴園

【緑茶ペースト】

ゼロワン

【健康茶・健康茶素材】

・ラフマ葉

常磐植物化学研究所

・健康茶受託

ファイナール

・ハーブ&ティー

日本緑茶センター


関連記事

  1. 【9月号】食品・飲料製造における殺菌技術と装置開発
  2. 日持向上剤・保存料の市場動向
  3. 【市場動向】天然調味料市場の最新動向
  4. 【12月号】変わる食品表示と印字・記録関連技術
  5. 【支援技術】食品産業における除菌・消臭のためのオゾンの利用動向
  6. 【品質安全】衛生指導の現場での利用進むATPふき取り検査法の最新…
  7. 【10月号】脳機能改善素材の開発
  8. 【5月号】食品工場の衛生管理・事故防止のためのハード&ソフト

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP