食品素材の記事

EC-12の供給不安が完全解消、さらなる利用拡大に向け提案を強化

コンビが販売している殺菌乳酸菌素材「EC-12」(エンテロコッカス・フェカリス)は、このたび順調に供給できる体制が整い、改めてEC-12の利用提案を行っている。

EC-12は、一般食品への利用など乳酸菌製品市場の急拡大に伴う需要増加から品薄状態が続いていたが、このたび製造工場の生産効率向上を含めた増産体制が確立でき、備蓄体制も整ったことで、同社では改めてEC-12の拡販に向けた動きを進めている。EC-12配合製品の拡充を予定していた企業や大口ユーザー、新規顧客にも不安なく供給できる体制となり、既にEC-12を利用したい声も寄せられているという。

あわせて同社ではEC-12シリーズとしてアレルゲンフリータイプの「EC-12AF」を5月より発売。従来品は「乳」の特定原材料表示が必要であったが、「EC-12AF」は特定原材料表示の必要がなくなり、アレルゲンフリー製品をはじめ、アレルゲンを気にすることなく利用できるようになった。同品は賦形剤も不使用。

EC-12はエビデンスの豊富さも特徴で、機能性研究は多岐にわたる。腸内環境改善作用はもちろん、内臓脂肪低減、抗炎症、接触性皮膚炎抑制、アトピー性皮膚炎改善、花粉症改善、ニキビ改善など様々な機能が調べられている。年内には、健康寿命に関したEC-12の新しい健康機能に関する研究成果について学会発表を予定している。

関連記事

  1. 北欧産ベリー5種類のミックス粉末が好評
  2. 発毛を促進する機能性食品素材・豆苗エキス発売
  3. 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
  4. スポーツ向け素材のニューフェイス「オキシストーム」
  5. BASFジャパン、体内の吸収量を大幅に高めた新ルテイン製剤上市
  6. 三栄源エフ・エフ・アイ、パーム油カロテン製品を来年1月より販売
  7. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品
  8. 植物エストロゲン成分を含んだ新素材「アグアヘエキス」

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP