食品素材の記事

植物性ナノ型乳酸菌SNKの抗ストレス作用を確認

このたび、「植物性ナノ型乳酸菌SNK®」の摂取による抗ストレス作用が確認され、研究論文が日本農芸化学会の英文学術誌であるBBB(Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry)誌に受理された。

マウスによるSNKの経口投与による試験で、ストレス状態のマウスの脳内海馬mRNAレベルの変化をみた。すると、SNKを経口投与したマウスは海馬のBDNF、NT-3、GABA受容体のmRNAレベルを刺激することが示された。また、BDNFとGABA-A受容体については有意な影響があり、特にBDNFは大きく上昇することを確認した。

脳由来の神経栄養因子であるBDNFは、神経系の分化や発達とともに認知・学習記憶に関与する。さらに脳海馬のBDNF減少は気分障害の発症にも関連しており、海馬のBDNFレベルが上昇することで抗うつ効果がみられることが判明している。

今回、SNKを継続投与することでストレスにさらされた状態でも海馬BDNFを中心とした脳内の栄養因子の上昇が確認されたことから、今まで主に免疫バランスの調整を中心に訴求してきたSNKだが、今後、ストレス耐性の向上やブレンインフードとしての利用にも期待がかかる。脳と腸が密接に関連しているという「脳腸相関」の概念への注目がさらに高まると予想される。

詳しくはIHMのホームページ⇒ https://www.ihmg.jp/

関連記事

  1. レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる…
  2. 米国でブームのCBD、日本でも原料紹介が活発化
  3. カイコ冬虫夏草から認知機能を改善する新規物質を発見
  4. カルシウムの吸収性を高める素材「CPP」を積極提案
  5. B&Gジャパン、発酵ベースの調味素材を日本市場へ
  6. カフェで砂糖替わりに使えるアガベシロップ個包装タイプ
  7. 体内吸収性の高いリポソーム型新素材を上市
  8. 小林香料 HMB・Caの定量分析法を一般公開へ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP