未分類

食品分野における天びん・はかりの最新動向

定量は全ての分析シーンにおける基礎技術として古くから確立され、時代とともに天秤やはかりなど、様々な計量機器がラボ用から商業用、産業用まで開発され広く用いられてきた。電子天びんの登場で高い分解能、高精度化が求められる一方で、価格競争により装置価格の低減化も進んでいる。こうした中で、近年はトレーサビリティ制度(計量標準供給制度)への対応やGMP/GLP、HACCP、ISO関連、JAS法などでの対応機種も積極的に開発されている。さらにJAS法改正などを機にラベル表示規制の強化などもあり、計量機器業界でも動きが活発化しそうだ。 本稿では電子天びんを中心に、商業用、産業用の計量機器など、現在の市場の動きやメーカー各社の製品動向、開発動向などを紹介する。


●注目の企業
メトラー・トレド
ザルトリウス
新光電子
太平洋エンジニアリング

関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. 【6月号】FOOMA JAPAN 2012(国際食品工業展)特別…
  3. 【品質安全】油脂劣化の測定機器・資材
  4. 【8月号】ω-3の市場動向
  5. 海外開発トピックス
  6. 【7月号】日持向上剤・保存料製剤の市場動向
  7. 角を矯めて牛を殺す―何度この諺を引用したことか
  8. 高齢化、二極化で様変わりする消費動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP