未分類

食品色素の市場動向

食品用色素は、消費者の健康志向を反映して天然系色素を中心に市場が形成されている。合成品に比べると天然色素は食品のpHや加工・流通条件、熱や光の影響を受け易いものが多く、コスト面でも問題になってくるが、使い易さや安全性における技術の進歩などで弱点がカバーされてきており、合成色素に代わり主流となってきた。
しかし、無認可着色料問題、さらに社会ではコンビニや24時間営業のスーパーが増加する中、加工食品の光退色問題なども取り沙汰されたりと、色素にまつわる問題は多い。
本稿では、最近の食品色素を取り巻く状況や各色素サプライヤーの動向についてみていく。


●主な色素サプライヤー
アイゼン保土谷
グリコ栄養食品
コペルニックス・ジャパン
三共ライフテック
・タイショーテクノス
大日本インキ化学工業
東洋酵素化学
日農化学販売
・日本カラメル工業会

●主な色素サプライヤー
・日本葉緑素
三菱化学フーズ
ヤヱガキ醗酵技研

関連記事

  1. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う(鹿児…
  2. 【N-tec】安全性・有用性試験受託の最新動向
  3. 【品質・安全対策】Food IT ソリューションの最新動向
  4. 編集部から
  5. 食品開発展、アジア最大規模の展示会に
  6. 海外開発トピックス
  7. 温度・湿度の高精度計測を実現
  8. 【市場動向】特殊製法塩・輸入塩の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP