食品素材の記事

新しいスポーツニュートリションとしてケルセチンフィトソームを発売

インデナジャパンでは、エンジュ由来のケルセチンをフィトソーム送達技術で製剤化した「ケルセチン フィトソーム」をスポーツニュートリションとして紹介を開始した。

ケルセチン配糖体はトクホの関与成分となっているように、体脂肪抑制効果で知られるが、同社では特許技術ともなっているフラボノイドの生体吸収率を上げるフィトソーム技術を用い、処理前に比べ約20倍の吸収率を実現。エビデンスとして、スポーツパフォーマンスの改善、運動後の不快感軽減などスポーツニュートリションとしてのデータを揃えている。

ケルセチンフィトソームには血液細胞の溶血を防ぐ可能性があり、運動後の溶血の重要な指標であるUBR(非抱合ビリルビン)およびLDH(乳酸脱水素酵素)の生成を有意に減少させたという。

同品にはケルセチンが34~42%含有されており、同等用量よりも効果があり、低用量でも利用可能としている。

同社では10月3~5日の食品開発展に出展し、ケルセチンフィトソームについては10月5日12:30~12:50(H会場)にプレゼンテーションセミナーで臨床試験結果を発表する。

関連記事

  1. IHMの燃焼系ハーブ「パロアッスル」がAMPK活性化用組成物とし…
  2. 機能性小麦グルテンで低糖質・高たん白のパン、生うどん作りを提案
  3. 舌で感じる濃厚感や風味が持続、奥野製薬、小麦たん白分解物「ブラボ…
  4. 小腸での栄養成分の吸収向上機能を持つ「アストラジン」
  5. 池田糖化工業、乳酸菌とカルシウムを含んだ発酵粉末原料を上市
  6. オリザ油化、マキベリーエキス(Delphinol)の臨床試験で肌…
  7. 乳化力を有する植物オイル「オーツ麦オイル」を乳化剤代替に提案
  8. オリザ油化、マキベリーエキスのドライアイ改善作用に関する臨床試験…

おすすめリンク先

PAGE TOP