食品素材の記事

新しいスポーツニュートリションとしてケルセチンフィトソームを発売

インデナジャパンでは、エンジュ由来のケルセチンをフィトソーム送達技術で製剤化した「ケルセチン フィトソーム」をスポーツニュートリションとして紹介を開始した。

ケルセチン配糖体はトクホの関与成分となっているように、体脂肪抑制効果で知られるが、同社では特許技術ともなっているフラボノイドの生体吸収率を上げるフィトソーム技術を用い、処理前に比べ約20倍の吸収率を実現。エビデンスとして、スポーツパフォーマンスの改善、運動後の不快感軽減などスポーツニュートリションとしてのデータを揃えている。

ケルセチンフィトソームには血液細胞の溶血を防ぐ可能性があり、運動後の溶血の重要な指標であるUBR(非抱合ビリルビン)およびLDH(乳酸脱水素酵素)の生成を有意に減少させたという。

同品にはケルセチンが34~42%含有されており、同等用量よりも効果があり、低用量でも利用可能としている。

同社では10月3~5日の食品開発展に出展し、ケルセチンフィトソームについては10月5日12:30~12:50(H会場)にプレゼンテーションセミナーで臨床試験結果を発表する。

関連記事

  1. むずむず脚症候群に対応した大麦エキス発酵物
  2. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定
  3. イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案
  4. 丸紅ケミックス、中国新興メーカーのビタミンCを展開へ
  5. 日成共益、瀬戸内オリーブ葉粉末の原料販売を開始
  6. フラウス―高純度フコキサンチンを本格供給へ
  7. 北欧産ベリー5種類のミックス粉末が好評
  8. 打錠用グレードによる打錠サンプル 物産フードサイエンス、エリスリトールの打錠用グレードを発売

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP