食品素材の記事

日成共益、瀬戸内オリーブ葉粉末の原料販売を開始

日成共益は、瀬戸内産のオリーブ葉を利用した機能性食品素材を開発し、本格販売に乗り出す。

新商品「瀬戸内オリーブ葉 粉末」は、オリーブ葉に含まれるオレウロペインに着目した粉末素材。農薬の使用を最小限に抑え、摘み取りから加工まで鮮度を考慮して一貫生産を行っており、バルク供給できる体制を整えた。オレウロペインの有する抗酸化、抗炎症作用などの機能性を紹介しつつ、青汁やスムージーをはじめ、健康志向食品向けの原料として販売していく。

オリーブ葉は、香川県の土産物として販売されている「オリーブうどん」に採用されるなど、現地でも話題の機能性食品素材。瀬戸内オリーブ葉は、小豆島を除く香川県内の大規模なネットワークを活かし、「ミッション」「ルッカ」「ネバディロブランコ」「マンザニロ」の4品種の葉を原料に生産する。

先行販売する100メッシュの粉砕品に加え、粉末中のオレウロペインの数値を規格化した200メッシュ品を用意。健康食品のほか、粉末飲料やお茶、製菓・製パン、麺類など健康志向の一般食品を視野に入れ、幅広く展開する。

なお、「瀬戸内オリーブ」ブランド商品として、OLIVE JAPAN コンテストで金賞を受賞した「瀬戸内オリーブオイル」をはじめ、オイル粉末、実の塩漬け、オリーブ茶を品揃えし、全国規模で市場開拓していく意向だ。

関連記事

  1. おいしさ際立つスーパーフルーツ:コンコードグレープ
    ─注目…
  2. レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる…
  3. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…
  4. 三菱商事ライフサイエンスの焼きあごだし 三菱商事ライフサイエンス、「だし本番® 」シリーズに焼きあごだし…
  5. 便通改善や免疫活性機能をもつオリゴ乳酸「LAC」―機能研究進む
  6. 植物性たんぱく製品をサポートできる酵母エキス
  7. DKSHジャパン、はじけるキャンディーのバルク供給を開始
  8. 三栄源エフ・エフ・アイ、原料由来の臭いと戻り臭を大幅低減した赤ダ…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP