食品素材の記事

高温で活性があるため、生地にすぐに添加して使える老化防止製剤

オリエンタル酵母工業では餅や団子の老化防止のための品質向上剤「もちソフト雅(みやび)」を先ごろ発売した。

従来老化防止に使われているβアミラーゼ配合品は、耐熱性が弱いため添加するには生地を冷却する必要があった。しかし、本品は高温でも活性をもつため生地にすぐ添加できる。そのため冷却のコストや時間の節約にも繋げられる。また、従来品は大豆・小麦アレルゲン表示が必要であったが、同品はアレルゲンフリーとなり、消費者の購入選択の幅を広げることができる。

同社では老化防止用の「もちソフト」シリーズを長く展開し実績を重ねてきているが、常に使い勝手の良い製品の開発を試みている。和菓子の需要は新しいニーズを取り込みながらさらに伸びてゆくと考え、「もちソフト雅」についても積極的な拡販を進めていく。

関連記事

  1. セティ、乳酸菌の高濃度シリーズラインアップ拡充
  2. バニラの現状と顧客のニーズを汲んだ製品提案
  3. 加工食品の増粘用途にキサンタンガムの本格展開を開始
  4. 小川香料、体をあたたかく保つウィンターセイボリーエキスを拡販
  5. 国産の鹿角霊芝エキス末を紹介
  6. 丸紅ケミックス、中国新興メーカーのビタミンCを展開へ
  7. アルゴンガス、香料物質7品を新規指定へ
  8. 消費者庁、グリーンコープ連合に景表法違反で措置命令

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP