食品素材の記事

高温で活性があるため、生地にすぐに添加して使える老化防止製剤

オリエンタル酵母工業では餅や団子の老化防止のための品質向上剤「もちソフト雅(みやび)」を先ごろ発売した。

従来老化防止に使われているβアミラーゼ配合品は、耐熱性が弱いため添加するには生地を冷却する必要があった。しかし、本品は高温でも活性をもつため生地にすぐ添加できる。そのため冷却のコストや時間の節約にも繋げられる。また、従来品は大豆・小麦アレルゲン表示が必要であったが、同品はアレルゲンフリーとなり、消費者の購入選択の幅を広げることができる。

同社では老化防止用の「もちソフト」シリーズを長く展開し実績を重ねてきているが、常に使い勝手の良い製品の開発を試みている。和菓子の需要は新しいニーズを取り込みながらさらに伸びてゆくと考え、「もちソフト雅」についても積極的な拡販を進めていく。

関連記事

  1. オリザ油化、「花椒オイル」の抗う蝕作用を発見
  2. DSM、ハイドロコロイド事業を強化
  3. グルコサミンで膝関節の可動性をサポート
    プロテインケミカル…
  4. コラーゲンペプチドを「トータルロコモ」素材として提案
  5. 北欧産ベリー5種類のミックス粉末が好評
  6. CBC、コスクラ社のエンドウたん白を日本市場で本格展開
  7. 健康志向の高まりで脚光浴びる「海洋深層水ミネラル」
  8. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…

おすすめリンク先

PAGE TOP