食品素材の記事

コラーゲン修復を促進する「ドラコベルNu」

エイチ・ホルスタインでは、体内のコラーゲン修復、酸化ストレス耐性などの機能を持つドラゴンヘッドエキス「ドラコベルNu」の供給を開始した。

ドラゴンヘッドはシソ科植物の一種で、欧州では茶として伝承的に利用されてきた。レモンバームのような香りからサラダや魚、肉料理の風味づけとしても使われている。

ドラコベルのエキスには、チリアニン、ルテオニングルクロニドなどのフラボノイドのグルクロン酸抱合体が多く含まれており、体内のコラーゲン修復、DNA修復、酸化ストレス機構の強化が期待できる。

臨床試験では肌の水分量、弾力が有意に増したというデータがとられている。同社では10月2日からの食品開発展でドラゴンベルNuの初披露をする予定。

食品開発展はこちら  出展社リスト

関連記事

  1. 有胞子性乳酸菌「スポルス®」の便秘改善効果を確認
  2. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  3. 舌で感じる濃厚感や風味が持続、奥野製薬、小麦たん白分解物「ブラボ…
  4. 肌と毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案
  5. 全国で採用が広がる「シールド乳酸菌®M-1」
  6. 新しいスポーツニュートリションとしてケルセチンフィトソームを発売…
  7. 日成共益、乳や植物性など各種タンパク素材を揃え、総合タンパク事業…
  8. 国産の鹿角霊芝エキス末を紹介

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP