食品素材の記事

コラーゲン修復を促進する「ドラコベルNu」

エイチ・ホルスタインでは、体内のコラーゲン修復、酸化ストレス耐性などの機能を持つドラゴンヘッドエキス「ドラコベルNu」の供給を開始した。

ドラゴンヘッドはシソ科植物の一種で、欧州では茶として伝承的に利用されてきた。レモンバームのような香りからサラダや魚、肉料理の風味づけとしても使われている。

ドラコベルのエキスには、チリアニン、ルテオニングルクロニドなどのフラボノイドのグルクロン酸抱合体が多く含まれており、体内のコラーゲン修復、DNA修復、酸化ストレス機構の強化が期待できる。

臨床試験では肌の水分量、弾力が有意に増したというデータがとられている。同社では10月2日からの食品開発展でドラゴンベルNuの初披露をする予定。

食品開発展はこちら  出展社リスト

関連記事

  1. 日成共益、瀬戸内オリーブ葉粉末の原料販売を開始
  2. こんにゃく由来グルコシルセラミドの脳機能改善作用を検証
  3. アークレイ、3種のハーブを含有した抗糖化向け素材「サトナシール」…
  4. 植物性ナノ型乳酸菌SNKの抗ストレス作用を確認
  5. プロテイン製品のマスキングに「マスキング フレーバー」
  6. DSM、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」のビタミンプレミ…
  7. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定
  8. 日成共益、新たな植物性たん白素材「アーモンドプロテイン」を紹介

おすすめリンク先

PAGE TOP