食品素材の記事

コラーゲン修復を促進する「ドラコベルNu」

エイチ・ホルスタインでは、体内のコラーゲン修復、酸化ストレス耐性などの機能を持つドラゴンヘッドエキス「ドラコベルNu」の供給を開始した。

ドラゴンヘッドはシソ科植物の一種で、欧州では茶として伝承的に利用されてきた。レモンバームのような香りからサラダや魚、肉料理の風味づけとしても使われている。

ドラコベルのエキスには、チリアニン、ルテオニングルクロニドなどのフラボノイドのグルクロン酸抱合体が多く含まれており、体内のコラーゲン修復、DNA修復、酸化ストレス機構の強化が期待できる。

臨床試験では肌の水分量、弾力が有意に増したというデータがとられている。同社では10月2日からの食品開発展でドラゴンベルNuの初披露をする予定。

食品開発展はこちら  出展社リスト

関連記事

  1. GEウェルネス、ユーグレナ新株の大量培養に成功、6月から原料供給…
  2. デュポン、ビフィズス菌B420の体脂肪低減効果の研究成果を発表
  3. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始
  4. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  5. 風味を維持・健康効果も期待できるスイカ抽出物を発売
  6. オリザ油化、シーベリーエキスとノコギリヤシエキスとの相乗効果を発…
  7. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  8. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…

おすすめリンク先

PAGE TOP