食品素材の記事

ゼリア商事、国産豚由来の肝臓加水分解物を本格販売へ

ゼリアグループのゼリア商事は、同グループの健創製薬(旧日水製薬医薬品販売)つくば工場他で製造する国産豚由来の肝臓加水分解物(食品用および医薬品用)のバルク販売を開始した。

親会社のゼリア新薬が2020年4月1日付で、日水製薬の子会社でOTC医薬品・健康食品、肝臓加水分解物事業を行う日水製薬医薬品販売を傘下に収めた。同社の主力製品群である「ヘパリーゼ」の主原料である肝臓加水分解物の安定調達の一環として、グループ内で製造・販売していく。

日本で育成された豚由来肝臓を原料に、健創製薬(旧日水製薬医薬品販売)がつくば工場他で肝臓加水分解物を製造。販売元のゼリア商事では、食品グレードの「肝臓加水分解物FL-N」と医薬グレードの「肝臓加水分解物KS」の2タイプを用意している。

肝臓加水分解物は高い栄養価を有しており、ゼリア商事は軟骨成分の豚由来コンドロイチンとともに健康のサポートに幅広く市場開拓していく考え。

関連記事

  1. 溶解性と味質がクリアな新イチョウ葉エキス開発
  2. 睡眠改善機能をもつカジメ抽出物
  3. 微量ミネラル酵母の受注が好調、原料供給とOEMに対応
  4. オリザ油化、米国における臨床試験で紫茶の運動機能向上作用を確認
  5. 家庭需要の増加など最近の消費者ニーズに適した機能性油脂の新製品
  6. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用に関する新たな臨床試…
  7. ケリー・ジャパン、各種由来の植物たん白・ペプチド製品、特に米ペプ…
  8. 機能性表示食品対応のトマトリコピン製剤を上市

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP