食品素材の記事

植物由来の新規オメガ3素材「アヒフラワー® オイル」

セティでは、植物由来の新規オメガ3素材「アヒフラワー® オイル」の紹介を開始した。

アヒフラワー®オイルは、Ahiflower(Buglossoides arvensis)の種子から抽出したオイルで、オメガ3であるステアリドン酸(SDA)が豊富に含まれている。SDAはα-リノレン酸とEPAの中間代謝物であり、体内においてEPAへの変換効率が高いことが知られている。アヒフラワー® オイルのSDA含量は約20%、抗炎症性のオメガ6であるγ-リノレン酸を含み、オメガ3:オメガ6が4:1と理想的。GMOフリーで、欧州Novel Food、米国FDAのGRAS、Kosher・Halalに対応している。

健常成人を対象にした二重盲検試験ではアヒフラワー® オイルの28日間摂取で、血液中および血球(赤血球、好中球、単核細胞)中のEPA濃度がアマニ油摂取群に比べて高く、単核細胞におけるLPS刺激時のIL-10(抗炎症性サイトカイン)産生量が高オレイン酸ヒマワリ油と比べて高くなっていることが確かめられている。

関連記事

  1. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…
  2. ザクロ抽出物の腸内代謝物ウロリチン発売・細胞の再活性素材として提…
  3. 北欧産ベリー5種類のミックス粉末が好評
  4. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用に関する新たな臨床試…
  5. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始
  6. 「生コーヒー豆エキス」が機能性表示食品で血糖値とBMI改善のダブ…
  7. エル・エスコーポレーション、エルゴチオネインの脳機能に関するヒト…
  8. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP