関連トピックス

黒ウコンのポリメトキシフラボノイドがSIRT1を活性化する

東京大学大学院農学生命科学研究科、常磐植物化学研究所らの研究グループは、黒ウコン由来のポリメトキシフラボノイドがレスベラトロールよりも効果的に「長寿遺伝子由来酵素SIRT1」を活性化することを実証し、このほど発表した。 本研究は、世界的権威ある学術雑誌「Nature」の姉妹紙である「Communications Biology」に掲載される。

「長寿遺伝子由来酵素SIRT1」は、がんや老化関連疾患の予防に関与する。SIRT1はレスベラトロール等のポリフェノールによって活性化されることが知られている。東京大学大学院農学生命科学研究科の永田宏次教授らは、黒ウコンKaempferia parviflora 由来のポリメトキシフラボノイドである、ケルセチン 3,5,7,3′,4′-ペンタメチルエーテル(略称KPMF-8)によるSIRT1活性化効果について、蛍光基がついていない天然のアミノ酸配列をもつ基質ペプチド(Ac-p53)とSIRT1との親和性を等温滴定熱測定法により測定した。

その結果、KPMF-8が SIRT1 に結合することで、酵素(SIRT1)と基質(Ac-p53ペプチド)との親和性が8.2倍に増強されること、一方、レスベラトロールがSIRT1に結合した場合、1.4倍に増強されることが判明した。

さらにヒト培養細胞(MCF-7)を用いて、細胞外に加えたKPMF-8やレスベラトロールが細胞内のSIRT1を活性化できるかどうか調べたところ、培地に添加したKPMF-8が細胞膜を透過して、細胞内のSIRT1に直接作用し、細胞内のSIRT1活性を亢進させることも示した。本研究の成果は、食品成分の摂取によりSIRT1を活性化できることを示唆しており、健康寿命の伸長に貢献できる可能性がある、としている。

関連記事

  1. デュポン、イノベーション&アプリケーションセンター竣工式
  2. 食品開発展のホームページをリニューアル!
  3. 希少糖の最新研究発表、小胞体ストレス低減作用も―希少糖セミナー開…
  4. 食品・サプリなどの米国市場展開を総合サポート
    8/28開催…
  5. 混合型カロテノイドがヒトの皮膚をUVA 誘発色素沈着とUVB誘発…
  6. 食品開発展オンライン プレゼンテーションイベント4月開催、聴講登…
  7. トマト種子エキスの皮膚炎症改善作用と肌弾力改善作用について発表
  8. 脳機能と口腔機能に関連した研究と素材の紹介

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP