食品素材の記事

味の素 イスラエル発! 新素材戦略、新ベジタブルドリンク新製品発表

味の素は7月27日に、同社取締役社長・最高経営責任者である西井孝明氏により、たんぱく質が豊富で栄養リッチな世界最小の葉野菜ベジタブルプロテイン原料であるマンカイの取り扱い開始、および使用した次世代ベジタブルドリンク「Mankai®(マンカイ)」(スティック1本5.4g、30本入り、4,500円税込)の新発売(7月30日)が公表された。同時に、マンカイを製造するイスラエルのバイオベンチャー企業ヒノマン社との間で、日本における独占販売権取得と、海外(米国・ブラジル・タイ)における販売権を結んだことも発表された。

マンカイは、ヒノマン社が独自に品種改良・技術開発したウキクサの一種。東南アジアで古くから「植物性たんぱく源」として食されてきた歴史を持ち、学名をWolffia globosa、和名はミジンコウキクサと言われる世界最小の葉野菜・種子植物。環境負荷の少ない水耕栽培で、比較的短期間で収穫可能なサステイナブルなたんぱく源として注目されている。

このマンカイを使用した製品「Mankai®」は、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維など 60 種類の栄養素を豊富に含み、完全栄養食と呼ばれる卵に似たアミノ酸バランスとなっている。

同社は、健康維持でのたんぱく質摂取、エシカルな消費に高い関心を持つ層の拡大など想定し、自社ECチャネルでの販売で初年度売上目標は約3億円(消費者購入ベース)を目指す。また、2025年には冷凍食品、コンビニ製品、外食展開などを目途に50億円の国内市場展開、さらに将来的には海外大型素材ビジネスも含めて100億円規模を予定している。

関連記事

  1. セティ、オーラルケアで注目のロイテリ菌を新発売
  2. キャノーラ由来のたん白素材事業に着手
  3. ケルセチン配糖体摂取による血管内皮機能の改善に期待
  4. 抗アレルギー作用で知られる柑橘「じゃばら」が、抽出物の登場で加工…
  5. ビタミンC、春先から相場上昇の局面に
  6. 食品と開発 ニュース アスク薬品、脳機能・運動機能改善作用を持つマンゴー葉乾燥エキス「…
  7. オリザ油化、新規成分「β-シトステロールグルコシド」におけるセラ…
  8. 池田糖化工業、乳酸菌とカルシウムを含んだ発酵粉末原料を上市

おすすめリンク先

PAGE TOP