未分類

蜂産品素材の市場動向

蜂産品は長い歴史と確かな人気を誇る素材として根付いている。健康に良い甘味素材としての蜂蜜の認知度は高く、健康志向の高まりとともに一般食品市場に受け入れられている。
ローヤルゼリーは従来からその栄養価の高さが注目されていたが、機能性研究が進んだことで科学的な裏付けが得られ、市場は活性化し輸入量の増加が続く。プロポリスは健康食品としての需要は高いものの、これまで一般食品には広がりにくかったが、使いやすい素材の開発などで今後の展開が期待されている。
本稿では、代表的な蜂産品であるローヤルゼリー、プロポリス、蜂蜜の動向と各サプライヤーの素材開発技術を中心に紹介していく。


<注目のサプライヤー>
アピ
ジェイエムシー
日本自然療法
ピスビー生活科学研究所
富士見養蜂園
森川健康堂

関連記事

  1. ネットワークと無線による温湿度管理
  2. 変わる食品表示シリーズ6
  3. 【特別ルポ】スーパーの環境改善と歩留まり向上に貢献するオゾンシス…
  4. 編集部から
  5. CLOSE UP
  6. 海外開発トピックス
  7. 【研究レポ】マイタケLPEの神経栄養作用について
  8. 食品表示とラベラー・印字機・印字検査機

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP