バックナンバー

【2022年7月号】特集/食によるアンチエイジング研究最前線

特集/食によるアンチエイジング研究最前線
■食成分によるアンチエイジングの可能性
九州大学大学院農学研究院 教授 片倉喜範
■オートファジーによる細胞のケアと老化制御
(株)AutoPhagyGO 管理部・代表取締役 石堂美和子
■ミトコンドリアに着目したアンチエイジング研究
神戸大学バイオシグナル総合研究センター 長野太輝、鎌田真司
■食によるAGE制御をターゲットとしたアンチエイジング戦略
東海大学農学部食生命科学科 須川日加里、永井竜児
■超高齢化社会を支える期待のアンチエイジング素材
(株)常磐植物化学研究所 鈴木麻衣子


レポート
■IFF社が提供するフードプロテクションソリューション
 美味しさを保ち、サスティナブルゴールと資源の有効活用をサポート
IFF グループ ダニスコジャパン(株)リージョナルプロダクトマネジャー ノースアジア システムズ&テクスチュアランツ 加藤和子
■新たなアンチエイジング科学 小胞体ストレスを緩和する食品成分 ペンタデシル含有オーラン油
(株)シー・アクト 坪井 誠
■ユニテックフーズの 食品開発支援サービス 商品開発における処方設計から表示作成までサポート
■〈食品業界の世界の最新動向を探るレポート(10)〉炭酸飲料の「脳を活性化する」可能性  MiNTEL


連載
■美味しさ追求のための知財戦略(11)〈2022年3月〜2022年5月の成立特許〉
プラントベース食品における最新特許報告
特許業務法人ユニアス国際特許事務所 パートナー弁理士 春名真徳
■機能性表示食品の発売動向を追う(81) 機能性表示食品の届出・受理の現状


編集部記事
■支援技術 食品産業における排水・用水処理技術の最新動向
■市場動向
・美容食品素材の市場動向 〜エビデンスベースの素材の利用活発化〜
・抗メタボ・ダイエット素材の市場動向
・日持向上剤・保存料の市場動向 〜SDGs「つくる責任 つかう責任」にも貢献

関連記事

  1. 【6月号特集】米粉開発と利用の新展開
  2. 【2019年4月号・特集】食成分による腸内環境改善
  3. 【4月号特集】食品産業のIT活用技術
  4. 【2021年8月号】特集/スパイスの多様な利用
  5. 【4月号特集】無菌化食品製造技術の最新動向
  6. 【7月号特集】マイクロ・ナノバブルの食品工業への応用
  7. 【2021年5月号】特集/食品工場の安全管理再点検
  8. 健康食品市場の動向と機能性素材の開発

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP