未分類

クロマトの開発動向

食品の安全志向の高まりで、残留農薬、抗生物質・合成抗菌剤、食品添加物などの微量成分分析の機会が急速に拡大し、クロマトの利用頻度、範囲も拡がっている。また、規制との関連では、本年5月に残農のポジティブリスト制度が施行され、一斉分析対応技術への対応が活発になっている。
本稿では、迅速化、高感度化、環境対応、簡便化が進む最新のクロマト装置の開発動向を見ていく。


化学物質評価研究機構
関東化学
サーモエレクトロン
ジーエルサイエンス
日本分光
日立ハイテクノロジーズ
メルク
横河アナリティカルシステムズ
ワイエムシィ
和光純薬工業

関連記事

  1. 【支援技術】食品・飲料業界における文字検査、外観検査装置の最新動…
  2. たん白・ペプチド素材の市場動向
  3. デュポン、5/23にプロテインセミナーを開催
  4. 【6月号】ポリフェノール食品・素材の市場動向
  5. 【分析計測】水分の分析計測技術の最新動向
  6. 【8月号】食品工場の臭気対策と雰囲気の清浄化
  7. 酵母、植物由来β-グルカン素材の開発動向
  8. 食品品質管理に欠かせない温度管理技術

おすすめリンク先

PAGE TOP