未分類

【市場動向】ビタミン市場の最新動向

食品の安全性をめぐる行政の規制強化、薬事法、景表法による表示規制の強化、アガリクス問題などを背景に健食不振が強まる中、安全性・有用性のエビデンスが厳しく問われるようになってきた。こうした状況の中、ビタミンCをはじめとする各種ビタミンが“古くて新しい素材”として注目されつつある。


本稿では、各種ビタミンの研究開発および販売動向、さらにそれらを取り巻く国内外の環境についてみていく。
<主なサプライヤー>
エーザイフード・ケミカル
ケミン・ジャパン
協和発酵工業
J-オイルミルズ
第一ファインケミカル
武田紙器
DSMニュートリションジャパン
東洋酵素化学
ニチレイバイオサイエンス
マリーンバイオ
横浜油脂工業
ライコレッドジャパン
理研ビタミン

関連記事

  1. クローズアップ
  2. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  3. スパイス市場の最新動向
  4. 米国健康食品市場の奇跡
  5. 【12月号】変わる食品表示と印字・記録関連技術
  6. 【支援技術】食品産業における殺菌技術と装置開発
  7. ビタミン、ミネラルをめぐる問題
  8. 【寄稿】薬用キノコ・チャーガの機能

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP