バックナンバー

【6月号特集】食物アレルゲン検査の現状と課題

アレルギー物質を含む食品の検査法の現状と課題

  (株)ファスマック  布藤 聡

食物アレルギー工程管理の現状

  日本ハム(株)中央研究所  神谷 尚徳、松本 貴之、森松 文毅

えび・かに検査法の開発と利用法

  日水製薬(株)  柴原 裕亮

食物アレルゲン表示に対する世界の取り組み―欧米・アジアと日本―

  (株)森永生科学研究所  小路 正博

食物アレルゲン検査キットの開発


<主な内容>
●アレルギー物質を含む食品の検査法の現状と課題
はじめに
1.アレルギー表示検査技術の概要
2.厚生労働省通知検査法
3.アレルギー食品検査の現状と問題点
4.アレルギー食品新規検査技術の開発状況
おわりに
●食物アレルギー工程管理の現状
1.食品企業における食物アレルギー管理の現状とその問題点
2.食物アレルギー対策における工程管理ポイント
3.工程管理におけるモニタリング
4.ふき取り検査の具体的な手順例
5.FASTKITエライザVer.ⅡシリーズとFASTKITイムノクロマトシリーズの使い分け
おわりに
●えび・かに検査法の開発と利用法
はじめに
1.アレルギー表示制度の概要
2.甲殻類のアレルゲン
3.アレルギー物質の検査方法
4.ELISA法検出キット“FAテストEIA-甲殻類「ニッスイ」”の性能
5.イムノクロマト法検出キットの開発
おわりに
●食物アレルゲン表示に対する世界の取り組み―欧米・アジアと日本―
はじめに
日本
Codex規格
欧州連合(EU)
アメリカ
カナダ
オーストラリア・ニュージーランド
アジア
まとめ
●食物アレルゲン検査キットの開発
通知法の改定と新義務品目対応キット
通知法としてのイムノクロマト法の開発

関連記事

  1. 食機能の評価法
  2. これからの食品開発を考えるXV
  3. 食品製造施設の清浄度管理技術
  4. 機能性成分の分析技術
  5. これからの食マーケティング
  6. 【2014年2月号特集】DHA・EPA摂取と疾病予防/新しい茶の…
  7. 【2022年8月号】特集/食品産業のスマート化・DX化の推進
  8. 【1月号特集】未利用資源の最新利用動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP