特集

【特集】2018年上半期 化粧品受託製造企業調査 -イン・アウトバウンド伸長、6割増収-

本紙編集部が化粧品受託製造企業150社(有効回答62社)を対象に実施した調査の結果、2018年上半期、増収を達成した企業は61%となった。2ケタ増収は昨年調査より5ポイント増の43%と伸長。“メイド・イン・ジャパン”化粧品のインバウンド、アウトバウンド両面での好調に加えて、医薬部外品の需要拡大を受け、受託企業への案件数が増加している。生産能力の増強を図る目的で4社が新工場を建設するなど、引き続き化粧品受託の好調ぶりがうかがえる。一方で運送費、原料費の高騰で、受注数や売上は伸びても収益は横ばい、という声も。工場の人手不足や昨年末から続く容器の不足は深刻化しており「成長ムードに水を差されかねない」と懸念の声も多く聞かれる。

健康産業新聞1646_化粧品受託製造企業調査a

2018上半期経営、6割が「良かった」 下半期9割が増収見込み

今回の調査では、2018年上半期の経営状況について「良かった」と回答した企業が6割を占め、昨年調査とほぼ同水準、「悪かった」と回答した企業はなかった。背景には、既存顧客の伸び、新規取引先の獲得、海外案件の増加などの声が聞かれた。大手化粧品ブランドメーカーによる一部アイテムのアウトソーシング化、アパレル、健食販売、通信販売企業など異業種からの受注案件は、依然として増加しており、多くの化粧品受託企業は生産能力の増強が……

人材不足深刻化 オートメーション化検討増加

異業種参入、海外需要の増加で好調な業績を維持する化粧品受託だが、人手の不足は深刻化している。今回の調査で工場の人材について「不足している」「やや不足している」との回答は、前回調査同様、8割を超えた。ロボットの導入……

ウェブでは一部を公開。記事は「健康産業新聞 1646号」に掲載しています。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・【連載/話題追跡】新工場建設ラッシュ! 海外需要に沸く化粧品受託業界
・2017年化粧品市場、1兆6,000億円台に 国内生産・輸入とも大幅増インバウンド需要で伸長
・化粧品受託製造企業「2017年の人気受注アイテム」ランキング

■■■「健康産業新聞メルマガ」(無料/月2回配信)のご登録はこちら!■■■

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1647_02_17年度課徴金3.9億円

企業ニュース

  1. 健康産業新聞1647_話題追跡_さとの雪
  2. 健康産業新聞1647_ビジョナリーa
  3. 健康産業新聞 企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1647別冊_2018上半期総括と下半期展望
  2. 健康産業新聞1646化粧品受託製造b
  3. 健康産業新聞1646_健康食品受託製造加工調査b
PAGE TOP