ヘッドラインニュース

厚労省研究班、健食法制度「早急に必要」

 厚生労働省科学研究の報告書「健康食品の有効性及び安全性の確保に係る制度等の国際比較研究」がまとまった。主任研究者は現甲子園大学副学長の田中平三氏。分担研究者の日本健康食品規格協会理事長・大濱宏文氏らは、海外の健食制度を分析。→続きは『健康産業速報』第1142号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「クリーンラベル」拡大、米ナチュラルエキスポ
  2. 文科省、産学官連携促進事業の実施地域を採択 特保開発も
  3. 健食支出、11月は1000円割れ
  4. 九州の健康食品市場規模まとまる
  5. 10年度 景表法措置件数47%増
  6. 抗酸化食品の適正摂取、男性の寿命も女性並みに?
  7. ブルーベリー、加齢による記憶力減退を軽減
  8. 健食で健康被害? 死亡事例も報告
PAGE TOP