ヘッドラインニュース

厚労省研究班、健食法制度「早急に必要」

 厚生労働省科学研究の報告書「健康食品の有効性及び安全性の確保に係る制度等の国際比較研究」がまとまった。主任研究者は現甲子園大学副学長の田中平三氏。分担研究者の日本健康食品規格協会理事長・大濱宏文氏らは、海外の健食制度を分析。→続きは『健康産業速報』第1142号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 総医研、博報堂と合弁会社設立へ サイト通じ特保の市販後調査
  2. 森永乳業、ビフィズス菌で花粉症緩和
  3. 「機能性表示」導入から1年 受理企業100社到達
  4. 厚労省 健食被害検討会 委員決定、25日に初会合 臨床医等で組織…
  5. 経団連、「機能性表示の規制緩和を」
  6. カゴメ、健食ブランド立ち上げ 第1弾はリコピン
  7. 亜麻公社、亜麻仁油の原料・OEMに注力
  8. FDA 健食対策で「ロードマップ」
PAGE TOP