ヘッドラインニュース

健食含む「遺伝資源」で国際会議

【健康産業速報1463号トップニュース】日本がホスト国となり10月に名古屋市で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」で、先進国と発展途上国が対立している遺伝資源の利益配分に関する議論の行方が、健康食品業界に大きく影響する可能性が出てきた。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆全相協、ミネラル含有健食を調査 透ける健食批判体質
◆消費者庁、事故情報対応チームを発足 健食による健康被害も対応
◆期限表示、「製造年月日」表示復活で意見対立
◆明治グループ事業再編へ
他ニュース多数!

関連記事

  1. 健康博覧会 セミナープログラム決定
  2. シクロケム、CoQ10の安定性高める技術を開発
  3. 消費者庁、健食広告の監視強化 17年度予算案が閣議決定
  4. 農水省、ナノ化懸濁液を開発へ 栄養補助食品への利用に期待
  5. 食品開発展、10月13~15日に開催
  6. 健食懇が設立20周年、記念講演会に120人
  7. ローヤルゼリー特保、ついに許可
  8. 日健栄協、新事業計画を発表
PAGE TOP