ヘッドラインニュース

消費者庁、機能性表示検討会 健康被害等で対応方針

 消費者庁は4日、「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」の第4回会合を開き、機能性表示を行う企業に、健康被害等の情報収集体制の整備等を求める案を示した。この日は機能性表示に関する消費者意向調査も公表。(続きは本紙で)
・消費者調査、過去1年で44%が「健食を摂取」
・アピ、中型・大型瓶充填ラインを新設
・グルコサミン流通量、4%増の1400トンに
・ハイドロックス、プラセンタ原料上市 「業界最安値」に挑戦

関連記事

  1. ローヤルゼリー特保、ついに許可
  2. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
  3. ASEAN10ヵ国 共通のサプリ制度創設へ 定義で大筋合意
  4. 食品免疫学会、乳酸菌・免疫ミルクなどで新知見
  5. 食品開発展が開幕
  6. 日本プロポリス協議会、「プロポリスでピロリ菌抑制」
  7. 農水省 「食品産業の将来方向」提示
  8. 日健栄協、新体制スタート
PAGE TOP