ヘッドラインニュース

消費者庁、機能性表示検討会 健康被害等で対応方針

 消費者庁は4日、「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」の第4回会合を開き、機能性表示を行う企業に、健康被害等の情報収集体制の整備等を求める案を示した。この日は機能性表示に関する消費者意向調査も公表。(続きは本紙で)
・消費者調査、過去1年で44%が「健食を摂取」
・アピ、中型・大型瓶充填ラインを新設
・グルコサミン流通量、4%増の1400トンに
・ハイドロックス、プラセンタ原料上市 「業界最安値」に挑戦

関連記事

  1. 京都大・大東氏、「ハナショウガ等に動脈硬化抑制作用」
  2. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査を開始
  3. 抗酸化食品の適正摂取、男性の寿命も女性並みに?
  4. ”新油”市場が急拡大 300億円にリーチ アマニ流通量、2年で1…
  5. 米国、新たな食生活指針 不足栄養素の補充に「サプリ有効」
  6. 「あるある」捏造問題、健食業界は冷静に対応
  7. クルクミンの肝障害性「まったくない」
  8. 健食表示への改善指導、大多数が修正
PAGE TOP