ヘッドラインニュース

【速報スペシャル】 健康食品、都民に浸透 3人に2人が摂取

sokuhou_monthly.jpg

東京都が3月29日に公表した健康食品に関する実態調査結果で、保健機能食品と健康食品の利用率は66%で、利用者の7割が効果を実感していることが分かった。機能性表示食品の利用率にも踏み込んだレポートで、グループインタビュー(5面)は、健食ユーザーの生の声を知ることのできる興味深い内容となっている。





・機能性表示食品、利用率44%


・「コラーゲン、止めると肌の調子悪くなる」

白内障・緑内障、ルテインで効果ありとの声も
(詳しくは「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 食薬区分改正案で意見募集「非医薬品」に5成分追加へ
  2. ナチュラルローソン、「ファイバーデトックス」コーナーを設置
  3. 厚労省、アガリクス問題で通知
  4. 消費者委員会、健食制度の検討要求も
  5. 本草製薬、ISETAN新宿店に進出 サプリブランド立ち上げ
  6. コーデックス、栄養表示など検討
  7. 欧州食品素材展「FiE」 コラーゲンの機能性に注目
  8. ヤマハ発動機、アスタキサンチンの抗メタボ効果を確認
PAGE TOP