ヘッドラインニュース

ジアシルグリセロールのリスク評価スタート

 食品安全委員会の新開発食品・添加物専門調査会合同ワーキンググループ(WG)の初会合が2日に開催され、「高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食品の安全性」について本格的なリスク評価の検討が始まった。

関連記事

  1. 公取委、健康志向タマゴに監視の目
  2. 機能性評価モデル事業 11チーム整備、延べ60社参加
  3. 機能性表示食品、健食の「危害」報告
  4. 議連「健食問題研究会」、消費者代表の見解に反論
  5. RJ公取協、デセン酸の調査研究を強化
  6. 広島県、個人輸入のニセ薬から医薬品成分 健康被害が発生
  7. レジャー白書07 「サプリメント市場が拡大」 フィットネスルート…
  8. 健食表示検討会、業界団体が有効性表示制度の導入要求
PAGE TOP